Browse By

【超入門】 -続- フライトジャケットについて 〈13JKI00〉

航空隊45925423553bc71bc9c05c68f043a567-300x194前回、紹介したA-2、B-3、G-1、MA-1以外の主要なフライトジャケットについて簡単に解説しよう。また、タンカース(M-41)デッキジャケットのN-1にも触れる

 

 

1.インターミディエイトゾーン( INTERMEDIATE ZONE )の系譜

B659257e5cb8c01d8321c8abcec5a3d385-150x150B-6

A-2とB-3の中間的位置づけとして、B-3をベースに防寒性より機動性を高めたモデル。表がコーティングされたムートンのシャーリングも少しライト・ウェイトになっており、B-3の毛足を短めに刈ったといえる。B-3との違いは衿が小ぶりになり、チン・ストラップが1本になった事と背中のアクション・プリーツ、袖口はボタンにより2段階に調節可能、左右にスラッシュ・ポケットを配し実用性があがった。

 

B1050aa957b1f67f9a65ade0ccf33c7755e-150x150B-10 

主に材料のレザー不足が理由で、新型の布地製フライトジャケットの開発が1942年10月からスタートした。その際に重視されたのは「防寒性」と「動きやすさ」の2点で、内張りに防風加工を施したウール及びパイルを使用した布製ジャケットが開発され、寒冷地におけるテストが行われた。テストの結果は「良好」と判断され、その成果を元に1943年7月には始めての布製ジャケットB-10が採用された。ほぼM-422Aのデザインが引き継がれているが、コットンツイルのシェル素材、ライニングにアルパカモヘアウールのパイル地を使用。袖と裾はニット、前面はファスナーを使い保温性、遮風性を確保している。この新型装備は好評を持って迎えられ、大戦後半から大量に使用された。ムートンを用いた襟は個性的だ。

 

B15c993997b321064aabd8d07262f20f86b-150x150B-15シリーズ(B-15、B-15A、B-15B、B-15C、B-15D)

B-10の基本デザインを踏襲しながら更に改良が加えられ、1944年4月7日には後継モデルと言えるB-15が採用された。B-10の大型パッチ・ポケットがスラッシュ(斜め)・ポケットに変更された。B-15シリーズはフロントジッパーがオフセットジッパーとなっており、裏地に動作をスムーズにし保温性の高いアルパカの毛が使われている。その後B-15に更に改良を加えたものが1944年11月4日にB-15Aとして採用された。スラッシュポケット、フロント・ファスナーはセンターから少しずれている。左腕にはペン・シガーポケットがつけられている。その他の改良点としてはコード止め用タブの追加やホースクリップを止める大型の革製三角タブを両胸に付属させたことだ。1945年8月に採用されたB-15Bからはナイロン素材となり、表地がコットンからナイロンに変更されている。三角タブはオキシジェンボックスタブに変更され両脇にはループタブを加えるなどの改良が実施された。1951年には空軍色のエアフォースブルーのB-15C(マリリン・モンローが着ていたことで有名)が採用されたが、エアフォースブルーは朝鮮戦争の戦訓から敵地での視認性が高く、1953年には同色は廃止され、シルバー・グレー(セージ・グリーン)のB-15Dが採用された。そしてシリーズ最終型のB-15Dの襟のムートンを取ったモディファイ(Mod.)は、後のMA-1とほぼ同じ仕様だ。ただし、MA-1とB-15D(Mod)では正面合わせに付けられた”ストーム・フラップ”の形状に違いが見られ、B-15D(Mod.)では上端が直角になっているが、MA-1では角が丸められているのが大きな相違だ。

 

2.ヘヴィーゾーン(HEAVY ZONE )の系譜

N37a55059e7d05e0b4828c73f2de9537ef1-150x150N-3シリーズ(N-3、N-3A、N-3B)  

N-3はWWⅡ中に開発、採用された着丈の長い極寒地用ナイロン製のフライト・ジャケットでコットンシェルのB-11の後継。従来の極寒地用フライトジャケットのようにパーカー式を踏襲していた。その後N-3は空軍色エアフォース・ブルーの採用と多少の改良でN-3Aとなり、1960年代にはさらに改良が加えられてシルバー・グレー(セージグリーン)のN-3Bとなった。N-3A以降のマイナーチェンジとしては、フラップ丈の変更、袖リブの配置換え、ドローコードの位置変更などがある。尚、N-3Bは1970年代に区分変更が行われて地上用のユニフォームとなり、スペックMIL-P-6279Iから「極寒地用パーカー」として再区分されている。

 

N24d6084d1508649a6c17405aa269c2ba7-150x150N-2シリーズ(N-2、N-2A、N-2B)

N-2はHEAVY ZONE(-10~-30℃)対応として1945年に採用された非常に防寒性が高いナイロン製のフライトジャケットだ。コクピット等で操縦士の着座や活動を制限しないようにN-3の着丈を見直し、ショート丈となった。この為、他の極寒地用フライトジャケットよりも機動性に優れている。特徴としてフードの中央部に開閉式ジッパーが装備されている。このジッパーはフードを二分割させることにより、人体への重量感を軽減させることに成功しているが、この優れた形状はNシリーズ全てに継承された。フードファーはコヨーテの毛が使用されている。N-2Aは1950年にN-2の後継として米国空軍に採用され、主に朝鮮戦争で使用された。L-2A、B-15Cなどと同じく、エアフォースブルーが特徴だが、間もなくシルバー・グレー(セージグリーン)のN-2Bにとって代わられた。またN-2Bは、袖、裾がMA-1タイプとなっている。フードの内張り部分はN-2Bでアクリル・ボアに仕様変更された。フードファーはアザラシの毛を使用しているとも言われるが、実際はアクリルのようだ

 次頁につづく



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。