Browse By

【新車情報】 スズキ『ジムニー』の特別仕様車「ランドベンチャー」を発売!! 〈84JKI07〉

ランド3140819_01筆者も4WDやSUVが好きで、過去に数台ほど乗り換えた経験があるが、アウトドア派の友人には『ジムニー』のファンも多い。

2台持ちニーズでサブに軽自動車を選ぶ場合に、『パジェロ・ミニ』か『ジムニー』をという人もたくさん周りにはいる。(最近、ハスラーという強力なライバルが出現したが・・・)

そんな『ジムニー』に特別仕様車「ランドベンチャー」の新車が発表されたので、紹介する!!

 

スズキは8月19日、軽四輪駆動(4WD)・スポーツ用多目的車(SUV)『ジムニー』及び小型四輪駆動(4WD)・スポーツ用多目的車(SUV)『ジムニーシエラ』の特別仕様車「ランドベンチャー」の新製品を、同日(19日)から発売すると発表した。

この特別仕様車は、悪路に強い走破性は従来車種そのままで、内外装に高級感を持たせたのが特徴となっている。存在感あふれる外観は、ブラック塗装を施した専用メッキフロントグリルや専用フェンダーガーニッシュを採用するなどゴージャスな感じをアピールしている。内装は黒を基調に随所にシャンパンゴールドを使う事で上質な印象となり、運転席と助手席のシートには従来の撥水機能に加え、「夏は熱くなりにくく、冬は冷たく感じににくい」という新素材「クオーレモジュレ(R)」を初めて採用して快適性と機能性の両立を重視している。

また、シルバーステッチを施した本革巻ステアリングホイールと本革巻シフトノブ、色調を合わせた専用フロアマットなど、高質感の特別装備を採用している。

ランド1140819_02更に、この特別仕様車の発表と同時に、通常の『ジムニー』や『ジムニーシエラ』のメーターやシート表皮などを新しいデザインに変更したほか、『ジムニーシエラ』は新たに「横滑り防止装置&トラクションコントロール」を装備した。

今回発売する特別仕様車は660ccの軽自動車モデル「ジムニー」と、1,300ccの小型車モデル「ジムニーシエラ」の双方で発売する。

価格は軽モデルが1,580,040円~1,691,280円、小型車タイプが1,758,240円~1,869,480円。


【特別仕様車「ジムニー ランドベンチャー」・「ジムニーシエラ ランドベンチャー」共通の仕様・装備】
エクステリア
専用メッキフロントグリル[ブラック塗装]
専用フェンダーガーニッシュ[LAND VENTUREロゴ入り]
専用アルミ製スペアタイヤハウジング[LAND VENTUREエンブレム]
LEDリングイルミネーション付マルチリフレクターハロゲンフォグランプ
LEDサイドターンランプ付ドアミラー
メッキドアハンドル

インテリア
専用シート表皮[クオーレモジュレ(R)](フロントシート)
専用ドアトリムクロス
メッキインサイドドアハンドル
メッキドアロックノブ
専用インパネセンターガーニッシュ[ピアノブラック]
専用インパネオーナメント[シャンパンゴールド]
本革巻ステアリングホイール[シルバーステッチ]
専用ステアリングホイールガーニッシュ[シャンパンゴールド]
ステアリングオーディオスイッチ
本革巻シフトノブ[シルバーステッチ]
専用シフトノブガーニッシュ[シャンパンゴールド](4AT車)
メッキメーターリング
専用フロアマット[LAND VENTUREロゴ入り]

【特別仕様車「ジムニー ランドベンチャー」の仕様・装備】
専用ブラックメッキフロントバンパーアンダーガーニッシュ
専用16インチアルミホイール[高輝度ダークシルバー塗装]
運転席・助手席シートヒーター
電動格納式ヒーテッドドアミラー
特別設定色「クールカーキパールメタリック」「スチールシルバーメタリック」を含む、全5色の車体色

【特別仕様車「ジムニーシエラ ランドベンチャー」の仕様・装備】
専用15インチアルミホイール[ガンメタリック塗装]
特別設定色「スチールシルバーメタリック」を含む、全4色の車体色

 

【メーカー希望小売価格(消費税8%込み)】
商品名 機種名 エンジン 駆動 変速機 価格(円)
ジムニー 特別仕様車
ランドベンチャー
0.66L
DOHC
ターボ
パートタイム
4WD
5MT 1,580,040
4AT 1,691,280
ジムニーシエラ 1.3L
DOHC
VVT
5MT 1,758,240
4AT 1,869,480
  • * パールホワイト、スチールシルバーメタリック塗装車は21,600円高。
  • * 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出・登録等に伴う費用は含まれない。

 

『ジムニー』はその長い歴史故に、充分にその基本性能がこなれていることで安心して駆れるクルマだ。

またオプションやカスタム・パーツなどの種類も大変豊富で、改装・カスタマイズする面白さも大きな魅力だ。

正直なところ、中古で手に入れて徹底的に改造するのも楽しいのだが、新車の購入が景気の拡大に寄与するのならば、この手のクルマがスキな人、今回の特別仕様車の発売を機に購入を検討してみては如何だろうか・・・。

-終-

 

《スポンサードリンク》




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。