Browse By

【ラミパス通信社】 ジャニーズ事務所の派閥抗争と後継者争いの真相・・・ 〈22JKI23〉

ジャニーズ3users-group_419-48680ジャニーズのファンの方々は、既に重々承知の事でしょうが、一般の皆さまにはあまり知られていないことを、今回はお話します!

ジャニーズ事務所内の派閥間の抗争とジャニー喜多川社長の後継者争いに関しての話題です。ナイス、ミーハーでしょ!!

 

ジャニーズ事務所は現在、ジャニー喜多川社長の姪にあたる藤島ジュリー景子氏が率いるジュリー派と、SMAPのチーフマネジャーである飯島三智氏の飯島派に分かれているといいます。

長年 同事務所は、ジャニー社長(82歳)と姉であるメリー喜多川副社長(87歳)の二人三脚で運営されてきました。しかし2人とも高齢な為、後継者が誰になるかが注目されているのです。

ジャニー社長の後継者レースは、当初は親族(メリー副社長の娘)であり嵐を育てた藤島ジュリー景子氏が本命と目されていましたが、その後一時期、SMAPを育てた飯島三智氏が逆転、有力視されていました。「ジャニーさんは飯島氏のマネージメント能力を高く評価」「嵐をテレビやCMに過剰に露出させるジュリー氏の売り込み方をよく思っていない」というジャニー社長の発言が伝えられたため、「テレビ局幹部は、ジャニーさんは飯島氏に後継者のお墨付きを与えたと判断した」というのです。

しかし更にその後は、特に明確な後継者襲名の披露があった訳でもなく、一方的に飯島派が力を得て拡大している様子もありません。飯島氏は、たよりのSMAPメンバーが成功を収めると株が上がり、しくじると下がるという状態が続いています。当然、派閥傘下のタレントの不祥事なども影響します。これはジュリー氏も同様で、互いの陣営とも一喜一憂の状況のまま、現在を迎えているといって良いでしょうが、一説によると、(やっぱり血の繋がりで)再びジュリー氏側が優勢である、という噂が業界内では囁(ささや)かれています。こうなると、業界雀にも分かりかねる趨勢を、一般人が理解することは不可能ですネ。

もし後継者争いに敗れた場合、飯島氏が事務所を飛び出す可能性は高いといわれています。仮に飯島氏がジャニーズ事務所から独立すればSMAPのメンバーは分裂して、飯島氏に大きな信頼を寄せているキムタクは間違いなく飯島氏と行動を共にするでしょうし、中居くん以外の多くの他のメンバーも飯島氏側につくかも知れません。(安定志向の中居くんはジャニーズ事務所の役員・大幹部を目指しているらしい!)

後継番組なしでCX系の『SMAP×SMAP』が打ち切りとなれば、このシナリオは充分可能性のある話です。SMAPの解散とジャニーズ事務所の分裂という、芸能界に大きなインパクトを与える事件が起きることになるのですが・・・。

 

さて、皆さんが最も興味のある各々の派閥の構成メンバーの内訳ですが・・・、

ジュリー派に属するのは

TOKIO、嵐、V6、関ジャニ∞、KAT-TUN、NEWSなど

飯島派に属するのは

SMAP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、山下智久、A.B.C-Z等

KinKi Kidsとタッキー&翼、それからHey! Say! JUMPは、ジャニー社長が直轄してマネジメントしているそうです。

 

実は長年、SMAPはジャニーズ事務所のなかでもまるで独立した「飯島事務所」にいるような立場で、同じ飯島派のKis-My-Ft2(キスマイ)がブレイクするまでは事務所内の他のタレントと共演することは稀でした。 また、嵐を始めとするジュリー派も飯島派ほどではありませんが、事務所内で共演するのは同じ派閥のタレントが中心です。

この派閥争いは、テレビのバラエティ番組やドラマ出演のキャスティングにも大きな影響を及ぼしていて、派閥間の激しい競争により(同一事務所なのに)他派閥のタレントとの共演拒否、そして同派閥のタレントのバーター(抱き合わせ)出演だらけの状況になっています。また日本テレビの場合などは、プライム・タイム帯はジュリー派、深夜帯は飯島派が占有するといった状態となっていて、その影響はテレビ局の番組編成の方針にも及んでいるのです。

そして派閥の分断は年々深刻化して、それがもっとも露骨に現れているのが、各テレビ局が放送する生放送の大型音楽番組です。

例えば嵐の櫻井くんが司会をすればジュリー派が出演、SMAPの中居くんや草彅くんが司会する番組は飯島派のメンバーのみが出る、双方へ参加するのはジャニー社長直轄のKinKi Kidsやタッキー&翼くらい、という状況です。かつてはSMAPの中居くんが司会していた歌番組に嵐が出ることもあったのですが、今では考えられません。

当然ながら、こうした事情はジャニーズのタレントたちが勢ぞろいする年末恒例の『ジャニーズカウントダウンコンサート』(以下、カウコン)にも影響しているといいます。

このイベントにSMAPだけが過去に1度も参加していないことは有名な話なのですが、昨年(2013年)は初めて慎吾ちゃんが(番宣絡みで)参加しました。しかし逆に、ジュリー派の嵐、TOKIO、V6は出演していません。まぁ、同日開催のNHK紅白歌合戦出演者は本来、スケジュール的に参加は難しいのですが、香取くんみたいに遅れて出演も出来る訳ですし・・・。

そもそもこのカウコンは、V6が1996年に阪神大震災の復興チャリティーイベントとして始めたのですが、とうとう昨年はV6も出演しなかったのです。グループの垣根を超えたコラボやここでしか見られないユニットがカウコンの特色だったのですが、それも最近は観られません。

 

そんな訳で、相変わらず両派閥ともテレビ局の陰に隠れて、水面下での抗争を繰り返しているのですが、ファンの意向を無視した意味のない派閥争いは早く収束して欲しいものです。

ファンを楽しませようという行動と乖離したこの抗争(後継者争い)は、なるべく早期に決着を着けるべきです。当然、それがファンの望むところだと思いますが、皆さん、如何でしょうか。

 

SMAPの絶対的人気の低下と後継者争いのタイミングが重なり、今年(2014年)はジャニーズ事務所内の勢力図が大きく変わる年になるのかも知れません。

偉大過ぎるジャニー喜多川社長が築いたジャニーズ帝国は、はたして誰の手によって継承されるのでしょうか・・・。

追伸:あれれ、マッチはどこに。後継者候補といわれた日々もあった様に記憶していますが(笑)。

-終-

【続報】ジャニーズ事務所の副社長であるメリー喜多川氏が、事務所の後継者問題について、次期社長は長女である藤島ジュリー景子氏であることを明言したそうです。『週刊文春』の5時間に及ぶロングインタビューのなかで答えました。(2015年1月21日文春webより)

【続々報】いよいよ風雲急を告げる状況に。意外にもキムタクひとりが残留し、他の4人は退社の方向性のようですが、決定ではないようで・・・。(2016年1月13日現在)

【その後】2016年12月31日で、SMAPは正式解散となりました。

【更にその後】2017年9月8日には、吾郎チャン・剛くん・慎吾ちゃんの3人がジャニーズ事務所を退所するそうです(2017年6月18日現在)。本記事の内容に相反して、キムタクが事務所残留を当初から主張、また一旦は飯島派と目された中居くんが土壇場で方針を変更して事務所残留を決めました。

 

 

《スポンサードリンク》


2 thoughts on “【ラミパス通信社】 ジャニーズ事務所の派閥抗争と後継者争いの真相・・・ 〈22JKI23〉”

  1. 高梨理子 says:

    こんなこと知りませんでした。まさしく、へえ~そうなんだ。でも、これで納得がいくことが、色々とあります。

  2. 園田民雄 says:

    芸能界のことなどに全くうとい私にはビックリの情報ですが、娘に自慢してやろうと話したら、そんなことも知らないのか?と逆襲にあいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。