Browse By

【モニュメンツ・メンの戦い】 何故だ、映画『ミケランジェロ・プロジェクト』公開中止の理由? 〈248JKI28〉

ミケ79141Dt4-bsL._SL1500_2016年改訂版〉ジョージ・クルーニーの映画『ミケランジェロ・プロジェクト』は延期を経て、日本での公開は中止となったままだ。※2015年11月6日に日本公開済。

この映画は、ナチス・ドイツから略奪美術品を奪還する実話を基にしたもの。

ロバート・M・エドゼルの原作のノンフィクション『ナチ略奪美術品を救え─特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』をジョージ・クルーニーの監督・脚本・主演で映画化した作品だ!!

 

ロバート・エドゼルの原作本について

『ナチ略奪美術品を救え─特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』は、ロバート・M・エドゼル(Robert M. Edsel)のノンフィクション小説で、第二次世界大戦中にナチス・ドイツが略奪した美術品などを奪還するために組織された特殊部隊「モニュメンツ・メン(Monuments Men)」の活躍を描く戦記である。

モニュメンツ・メンとは、第二次世界大戦下の1943年から戦後の1951年までにわたり活動した、連合軍の「記念建造物(モニュメンツ)・美術品(ファイン・アーツ)・公文書(アーカイヴズ)/MFA&A」部隊所属の兵士たちのことである。

ナチ美術品1ダウンロードMFA&Aの当初の任務は、城址や教会などの歴史的な建造物に対する戦闘被害を最小限に抑えることだったが、やがて、独軍の戦線が後退していくにつれ、ナチスにより運び去られた美術品や文化財を探し出し、回収することに任務のウエイトは移っていった。彼らは、ヒトラーの魔の手から、歴史的な建造物や遺構、文化財などを出来るだけ保護し、また奪い去られた美術品等の奪還を任務として奮闘したのだった。

『ナチ略奪美術品を救え─特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』は、まさしく、美術品奪還の最前線で活躍したモニュメンツ・メンの知られざる活動を、当時の日記や手紙、また本人や関係者へのインタビューを駆使して再現した、秘話的な歴史ドキュメントである。

 

本書のハイライトは、ヒトラーの自殺後に、彼の山荘そばの坑道の中で膨大な数の美術品コレクションが発見された時だ。

ナチスの指揮官の命令で、そのすべてが爆破されようとしたところ、危機一髪、モニュメンツ・メンの活躍で美術品等を無事回収することに成功したのだ。その中にはミケランジェロやフェルメールなどの名作が多くあり、まさに手に汗握る場面の連続である。
戦後、モニュメンツ・メン隊員たちの功績は長年埋もれていたが、2007年に彼らを顕彰することが公式に認められた。米上下院議会で、その活動が改めて評価されたのである。

 

著者のロバート・M・エドゼル(Robert M. Edsel)は1956年に米国で生まれた。1995年にフィレンツェへ移住したのを切っ掛けに、イタリアがどのようにして芸術作品をナチスの手から守ろうとしたかに関心を抱き、そこからモニュメンツ・メンの活動を調査し始めたという。

ナチスによる美術品略奪と連合軍によるその奪還を描いた写真集『ダ・ヴィンチを救う』や、原作本(邦訳は白水社刊)が全米批評家協会賞を受賞した、ドキュメンタリー映画『ヨーロッパの略奪』の共同プロデューサーを務めた。他の著作に『イタリアを守れ─ナチスからイタリア国宝を救う競争』(2013年)などがある。

また多くの慈善事業に携わり、その活動が評価されて、「大統領の奉仕への呼びかけ」賞、「人間への希望」賞などを受賞している。また2007年には、モニュメンツ・メン財団を設立し、略奪品の返還に力を注いでいる。

次のページへ

 

《スポンサードリンク》


2 thoughts on “【モニュメンツ・メンの戦い】 何故だ、映画『ミケランジェロ・プロジェクト』公開中止の理由? 〈248JKI28〉”

  1. 支那竹 says:

    たしかに、この映画。楽しみにしていたのに~どういうこと、と思っていた。
    こんな大陰謀が裏にあつたなんて。

  2. 公開決定 says:

    良かったですね
    観にいこうと思います
    東南アジアの美術品と聞いてもいまいちピンと来ませんが
    ガムランとかそんなやつですかね?
    国立民族博物館で足りてると思うんですけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。