Browse By

頑張れミドリムシ、地球を救え!! 〈304JKI10〉

ミドリムシ1mainimage_euglenaエネルギー不足や環境問題、そして食糧危機も、僕たちミドリムシにお任せください!!

明るい地球の未来は、僕たちが創ります(たぶん)。ちなみに、本名(学名)はユーグレナといいます・・・。意外と可憐? な名前でしょ

 

ミドリムシは、ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称です。体長わずか約0.1mm以下という小さな微生物(藻の一種)で、その姿を見るためには顕微鏡を使うしかありません。が、その小さな体には、人類が抱える問題を解決する無限の可能性が秘められているというのです。

 

ミドリムシとは

ミドリムシは単細胞生物で、そのほとんどが紡錘形です。二本の鞭毛を持ちますが、一本は非常に短く細胞前端の陥入部の中に収まっている為、しばしば単鞭毛であると誤解されています。もう片方の長い鞭毛を進行方向へ向けてくねらせるように動かして、独特のユーグレナ運動(すじりもじり運動)を行いながら進みます。

鞭毛の付け根には、ユーグレナという名の由来でもある真っ赤な眼点がありますが、これは感光点ではありません。この真っ赤な眼点の役目は、特定方向からの光線の進入を遮り、感光点の光認識に指向性を持たせる為だそうです。

また細胞内には楕円形の葉緑体を持っています。葉緑体は三重膜構造となっており、二次共生した緑藻に由来します。この緑色の体で植物の様に光合成を行って栄養分を体内に蓄えるだけでなく、鞭毛を使い動物のように移動することも可能なのです。つまり、鞭毛運動をする動物的性質をもちながら、同時に植物として葉緑体を持ち光合成を行います。こうした植物と動物、双方の性質を備えている生物は大変珍しい存在なのです。

因みに、オランダ人の科学者で「微生物学の父」といわれているアントニ・ファン・レーウェンフックが、1660年代に自作の顕微鏡を用いてミドリムシを発見しました。またミドリムシ(学名:ユーグレナ)はラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味を持っています。

 

人類の課題を解決

現代の人類が抱える、環境問題や食糧問題、そしてエネルギー問題などの主要な課題に対して、その解決策としてミドリムシの活用に期待が持たれています。

先ず最初に、人類が抱える様々な課題の中で、地球温暖化の防止は最重要なテーマのひとつです。そして、地球温暖化をもたらす二酸化炭素(CO2)の排出を抑制する為に、ミドリムシの活用が解決策として考えられています。

それはミドリムシが細胞内には葉緑体を持ち、光合成によりCO2を炭水化物等に固定化して酸素(O2)を作るからです。また、この生産効率がミドリムシはとても優れているのです。そしてこのCO2の固定能力の高さが、地球温暖化対策にとても有望であるとされているのです。

次のページヘ》  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。