Browse By

《歴史豆辞典》 殿中でござる!! -江戸城内の重大事件簿- 〈25JKI39〉

忠臣蔵321BAX4YBDNL殿中、つまり江戸城内での殺人もしくはそれに近い重大な傷害事件は、江戸時代を通じて9件ほど発生しています。

著名な事件も含まれていますが、今回は簡単に各事件の概要のみを紹介します・・・。

 

当然ながら、殿中(江戸城の本丸・西の丸 表御殿)での刃傷沙汰には厳しい処罰が待ち受けており、刀の鯉口(こいくち)を切って刀身を三寸抜いただけで(つまり刀を9cmほど鞘から引き出したら)、本人は切腹、その家名は断絶という重たい仕置きが待っていました。

これは将軍の執務場所でもあり、徳川幕府の最高政庁である江戸城の中で、恐れ多くも刀を抜いて争うなどは以ての外であり、当たり前ですが武士間の喧嘩沙汰などは厳禁でした。

それでも刀を抜いて切り掛かるには、已むに已まれぬ事情があった上で、相当の覚悟が必要であったと思います。

中には、発作的で幼稚な犯行もありますが、見方を変えれば、仇相手に供の者もいないことだし近くに寄ることも可能で、かえって殿中のほうが確実に討ち果たすことが出来ると考えられたのかも知れません。

 

それでは、江戸時代(約260年間)を通して行われた凶行(9件)の数々を簡単に紹介していきます。

 

 

1.楢村孫九郎 vs 木造三左衛門、鈴木宗右衛門

寛永四年(1627年)11月6日、御小姓組の楢村孫九郎が西の丸で当直中に、相番の木造三左衛門や鈴木宗右衛門を相手に口論となり、やがて刀を抜いての喧嘩となりました。近くにいた曽我又左衛門と倉橋宗三郎が止めに入りましたが、双方ともに負傷し深手を負った倉橋は後ほど死亡します。楢村孫九郎は組頭の屋敷にて切腹、喧嘩相手の木造と鈴木は楢村から逃げたことが卑怯である、として家名断絶となりました。尚、曽我と倉橋には褒美に各々二百石の加増がありました。

 

2. 豊島明重 vs 井上正就

寛永五年(1628年)8月10日、旗本で目付の豊島刑部少輔明重(信満、正次とも)は、老中で(遠江)横須賀藩主の井上主計頭正就の嫡子正利と大坂町奉行であった島田越前守直時の娘との縁組をまとめ、仲人を務めることになっていました。しかし将軍家光の乳母であった春日局の横槍でこの縁組は破談し(正利は春日の斡旋で鳥居土佐守成次の娘と縁組)、仲人としての面目が丸潰れとなったことを恨んだ明重(加えて堺奉行への内定を破棄されたことも要因との説もあり)は、江戸城西の丸廊下で正就に対し「武士に二言は無い筈だ」と叫びながら襲い掛かり斬殺しました。番士の青木忠精が明重を羽交い締めにして取り押さえましたが、明重は自分の腹を刺し貫き、巻き添えになった忠精ともども絶命したといいます。

事件後、井上家には特にお咎めなしとされ、正利への相続が認められました。豊島家は、嫡子継重(当時14歳)の切腹が申し渡され家名も断絶となりましたが、老中酒井忠勝の意見により他の一族への連座はありませんでした。また島田直時はこの事件への責任を感じて自害しています。

ちなみに、豊島家の遺児は後に紀州藩に仕え、吉宗が将軍になった際に土岐氏と名を変えて御家人になったと云われています。

この事件は被害者が老中だったこともあって、衝撃的な出来事だった様です。そして、まだ江戸時代も初期の頃の為か、加害者に対する処罰も厳しいようです。

次のページへ》      

《広告》




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。