Browse By

【東洋医学】 中医学に学ぶ(4) 体質別の食養生 〈33JKI00〉

五行図1images中医学に学ぶ、の第4回。今回は「体質別の食養生」と題して、気虚と気滞、血虚と瘀血、陰虚と痰湿の、不健康を招く六つの体質にそれぞれ対応した食事による体質改善の方法を簡単に説明する。

1.気虚(気が不足する)の改善法

注意点・・・①体全体を温めること、②胃腸に負担を与えない食事とすること、③食材は平性(温めも冷やしもしない、穏やかなもの)、湿性、熱性のものを中心とすること、④なるべく火を通して調理すること。

気虚の改善には、なんといっても疲労回復が重要。休息や睡眠を十分取ろう。

【症状別食材と調理法】

①胃腸が弱くいつも食欲がわかない・食事をすると胃がもたれる・軟便や下痢になりやすい

⇒ 穀類・いも類・豆類がおすすめ。特に長いも、大和いも、じねんじょなどの山いも類は胃腸の働きを援け整腸作用にすぐれている。これらをすりおろして「とろろ」にして、汁やスープなどに入れたり、他の食材と組み合わせて調理する。

②疲れやすい・いつもだるい・なかなか元気がでない

⇒ 牛肉や鶏肉などの肉類や、えび、うなぎなど。また朝鮮にんじんも、気を速やかに充実させる働きを持っている。これらを重点的に惣菜に活用しよう。

③風邪を引きやすい人や花粉症の人の場合

⇒ きのこ類、ブロッコリーやアスパラガスなどの摂取が良い。免疫力が上がる。

④冷え性の人

⇒ ニンニク、生姜、玉ねぎ、ねぎ、にら、山椒、シナモン、くるみなどがおすすめ。これらの食材を少しでも多く摂るように心掛けること。

【食材別の特徴】

①山いも類・・・平性、甘味。胃腸や腎の働きを援ける。下痢止め、血糖の低下にも役立つ。

②豆類・・・平性、甘味。胃腸の働きを高め、利尿効果もある。

③栗・・・温性、甘味。気を補い、腎の働きを援ける。

④うなぎ・・・平性、甘味。精力増強、疲労を回復し、利尿作用もある。

⑤牛肉・・・温性、甘味。気を養い、滋養強壮に役立つ。

【おすすめのお茶】

朝鮮人参茶、(シナモン・生姜入り)紅茶、ほうじ茶、杜仲茶、緑茶

 

2.気滞(気の流れが滞る)の改善法

注意点・・・①酸味の食材を多く使用すること、②香味野菜を積極的に活用すること、③香りの食材は加熱し過ぎないこと、④平性、涼性のものを中心に使用すること。

気滞の改善には、ストレス解消が大事。また、お酒を控えることも大切だ。

【症状別食材と調理法】

①偏頭痛や情緒不安定、生理不順、月経前症候群などの人

⇒ 香りの強い、三つ葉、春菊、セリ、セロリやパセリなどの香味野菜が良い。このタイプの野菜の製油成分が気の巡りを強化してストレスを発散させる。但し、加熱時間は短めに。

②肝機能が低下している場合

⇒ 果物の柑橘類、レバー、しじみ、くこの実などが良い。

③怒りっぽい、いつもイライラしている、憂鬱や不安症など

⇒ 酸味の強い柑橘類、例えば、みかん、すだち、オレンジ、など。また、春菊 三つ葉 セロリ パセリなどは肝の働きを促進し気分をほぐす。

④眼精疲労や視力の衰えの改善に

⇒ レバー、しじみや、クコの実、菊花、ブルーベリーなどがおすすめ。肝の疲労を回復したり目の症状を改善する。

⑤鎮痛・鎮静効果や睡眠効果を得たいとき

⇒ 香りの植物や野菜、例えば、ミント、ラベンダー、ジャスミンやカモミールなどが良い。みな鎮静作用が高いとされている。

【食材別の特徴】

①春菊・・・平性、辛味、甘味。気の巡りを促進、気分を向上させる。

②セロリ・・・涼性、甘味、苦味。気分を良くし、血圧も抑える。

③あさり・しじみ・・・寒性、甘味、鹹味。肝の働きを促して、利尿作用、解毒作用がある。

④いか・・・微温性、鹹味。血を補い、血行促進作用。

⑤みかん・・・温性、甘味、酸味。気の巡りを促し、渇きの改善やリラックス効果がある。

⑥オレンジ・・・涼性、酸味。気の巡りを促し、渇きの改善やリラックス効果がある。

⑦苦瓜・・・寒性、苦味。解熱、解毒作用がある。暑気払いの効果もある。

⑧ミント・・・涼性、辛味。気の巡りを促進。イライラの解消や頭痛の解消作用がある。

【おすすめのお茶】

ジャスミン茶、(ミント・カモミール・ラベンダー)紅茶、菊花茶、ラフマ茶

次のページへ》  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。