Browse By

【芸能井戸端会議】最近人気の女性タレント・女優たち!! 〈22JKI23〉

さて、続いてはラミパスと【井戸端】推しの期待も込めたタレントさんを紹介しましょう。

大友花恋:★★/☆☆ ⇒ 大友花恋 画像

大友 花恋(おおとも かれん)さんは、群馬県高崎市出身で1999年10月9日生まれの女優、ファッションモデル。プロダクションは研音に所属。小学6年生の時に雑誌の読者モデルから研音のオーディションを受けて合格して、芸能界入りしました。2012年にフジテレビTWOで放送されたドラマ『結婚同窓会 〜SEASIDE LOVE〜』で女優デビュー、その後、日本テレビ系ドラマ『悪夢ちゃん』で地上波連続ドラマへの初出演を果たしました。2013年、雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」で、田辺桃子と共にグランプリを受賞、同誌の専属モデルになります。その後、2013年のTBS系ドラマ『夫のカノジョ』や2016年の日本テレビ系ドラマ『お迎えデス。』など何本かのテレビドラマへ登場していますが、注目を浴びるにはいまひとつの状況。バラエティ番組では、今年(2017年)の4月からTBS系の『王様のブランチ』へ登場しており今後の活躍が期待されるところですが、何と言っても彼女の問題は“広瀬すずさん路線”を踏襲・意識しているところかも知れません。どうしても二番煎じでは限界がありますからネ。

 

木竜麻生:★★+/☆☆☆ ⇒ 木竜麻生 画像

木竜 麻生(きりゅう まい)さんは、新潟県出身で1994年7月1日生まれの女優。所属事務所はモノポライズです。高校時代のあだ名は“ちゅら”で身長は160cm、特技は新体操とのことです。デビュー作は2014年公開の映画『まほろ駅前狂騒曲』。2014年以降は毎年4本程度のCMに起用されていて、映画も同様に年間2作品に出演してコンスタントに知名度を上げてきましたが、昨年(2016年)は日本テレビ系ドラマ『時をかける少女』に出演したり、本年(2017年)はテレビ神奈川のドラマ『デリバリーお姉さんNEO』で人気上昇中。更に来年(2018年)公開予定の映画『菊とギロチン-女相撲とアナキストたち-』で女子力士役のヒロインに抜擢されました。割と何処にでもいそうな平凡な女子役がはまる、また学生から大人まで幅広い年代の役をこなせそうな顔で、ちょっと能年玲奈(のん)さん系かな。演技はまだまだですが、ひよっとすると大化けしそうな予感がします。

 

福原遥:★★★/☆☆+ ⇒ 福原遥 画像

福原 遥(ふくはら はるか)さんは、埼玉県出身で1998年8月28日生まれの女優、歌手(ポップス)、ファッションモデルで元子役タレントです。所属プロダクションは研音。身長159cmで血液型はA型、中学校では吹奏楽部に所属していました。趣味や特技は、海釣り、バレエ、朗読暗唱、ピアノ、一輪車、体操、鉄棒、新体操、空手、料理、手芸、太鼓などと多彩です。2005年からNEWSエンターテインメントに所属し、子役タレントとして活動を始めました。2009年3月から2013年3月まで、NHK Eテレの子供向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』のメイン・キャラクターである柊(ひいらぎ)まいんを演じて人気を獲得しました。2012年にはローティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』のオーディションで、グランプリとなり、その後、同誌の専属モデルとなります。2015年7月以降、事務所を研音へと移籍。昨年は5本のテレビドラマに参加。今年(2017年)、テレビアニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』の有栖川ひまり/キュアカスタード役に選ばれ、声優としても活動を開始しています。更に本年(2017年)3月公開の映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜出演に加え、年末公開予定の映画『女々演』の本庄沙彩役で映画初主演の予定です。また2017年4月15日より、フジテレビ系バラエティ番組『もしもツアーズ』の3代目ツアーガイドとなりました。CMには2006年頃より登場、今年(2017年)ロッテ『Fit’s』に出演しています。子役出身者は大成しないと云われていますが、はたして彼女の場合はどうなることやら…。

 

そして最後に、これからブレイク間違いなしの娘が、

髙橋ひかる:★★★+/☆☆☆☆ ⇒ 髙橋ひかる 画像

髙橋 ひかる(たかはし ひかる)さんは、滋賀県出身で2001年9月22日生まれのモデル、女優です。プロダクションはオスカープロモーションに所属。あだ名は“ひかるん”等、身長は165cmで血液型はO型。趣味は音楽鑑賞、ショッピング、運動することやバレーボール観戦、食べ歩きにメイク研究などの美容関係全般、吉本新喜劇の鑑賞も好きで、その他にはカメラ、ゲームも趣味。特技はダンスとのことです。2014年、第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞して芸能界入りしました。翌2015年以降、COOP、代々木ゼミナール、大鵬薬品工業『チオビタ・ドリンク』等のCMに出演、今年(2017年)はノーリツのCMに登場しています。昨年(2016年)に映画『人生の約束』において渡辺瞳役を演じ、現在(2017年)はNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて高瀬姫(たかせひめ)に扮しています。彼女は久々の、タレントさんというよりは役者/女優さんとして期待の新星ですね。

 

他にも多数の活躍を期待される女性タレント・女優さんがいますが、今回はこの程度でとどめたいと思います。芸能界は他の業界以上に“当たるも八卦当たらぬも八卦”というか、本来、その出世に関しては博打的な要素が強く、誰がブレイクするかを予測するのは難しいのが常。他人を圧倒するもって生まれた存在感や雰囲気・天性の演技力など、そして何よりも飛び切りの美貌か個性の強い容姿等を持った人でなければ、そう簡単には人気者にはなれません。その他の人達にとっては、日々の小さな努力の積み重ねと後は運次第の世界なのです。

ところで女優さんとして一人前と認められるのは、NHK朝の連ドラ出演がやはり一里塚、王道を歩む場合は更に同番組で主役を演じて平均以上の評価を得られれば、一線級の女優さんとして活躍出来る様になるのですが、逆に同じ道を辿っても、折角のチャンスをしくじってマイナス評価の末に姿を消した女優さんも多い様ですネ。同じくNHK大河ドラマもチャンスを掴むには重要な番組、しかしこちらは元々、男優さんの花道であり、女子では最近は子役として出演してブレイクした人が多いです。

また個性派として頑張るつもりならば民放の昼メロなんかも登竜門の一つですが、デルモ出身者たちはどう転んでも基礎的な演技力が不足しているので、よほどの精進をするか、女優業ではなくバラドルでの大成を目指すのが正攻法でしょうネ…。後は若者向けの純愛もの映画やホラー映画等で、監督やプロデューサーからの一本釣りを獲得するのが成功への最短路です(つまりは事務所の力次第)!!

-終-

【補足】ラミパスのおススメ
浜辺美波(はまべ みなみ)さんを大推薦!!
石川県出身、2000年8月29日生まれ。東宝芸能に所属の女優さんです。映画中心の活躍ですが、TVやCM出演もそこそこ多いですよ。まだ若いので、これからブレイクするのでは!?

⇒  浜辺美波 画像

 

《スポンサードリンク》


2 thoughts on “【芸能井戸端会議】最近人気の女性タレント・女優たち!! 〈22JKI23〉”

  1. ぐりこ says:

    土屋 太鳳さんも人気上昇中です!!

  2. 修宏の兄 says:

    浜辺美波ちゃん、キタ~! 絶賛、大応援!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。