Browse By

【ビジネス情報】 船舶位置情報サービスの提供を開始!! 〈83JKI19〉

船1ダウンロード株式会社日立ソリューションズは、世界中で航行する船舶のリアルタイムな位置情報を海図上に表示し、位置や航行軌跡を可視化するソリューションの提供を6月23日より開始する・・・。

 

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立Sol)は、海図上で船舶の運行を可視化する船舶位置情報サービスをクラウドで6月23日から提供開始する。

本サービスは、世界中で航行している船舶のリアルタイムな位置情報を海図上に図示し、船舶の位置検索や航行の軌跡表示により当該船舶の運行状況を可視化することで、海事関連業務における経営戦略の策定や船舶運航管理を支援するものだ。

日立Solの空間情報処理技術により、情報に位置と時間を結びつけて収集し、海図上で管理・分析・表現することで、船舶に関する膨大な情報を可視化・一元管理できるのだ。

現在、国際海事機関によると国際間の貿易による物流の90%以上を海上輸送が担っており、世界中を約10万隻の船舶が常時運航しているが、近年、船価や傭船契約料、燃料コストなどが大幅に変動しており、造船会社や海運会社、荷主などの海事関連の会社は、安定的な海上輸送を確保する為に、利用する船舶の種別や運行計画、運航管理などの最適化を強く望んでいる。

そこで、本サービスの提供が考えられた。本サービスが提供する当該船舶の速度の情報と仕向地(送り先)情報との組み合わせにより、船舶運航管理を支援する。また、海図上で指定した任意の範囲の情報を抽出する空間検索機能により、特定の港湾や海域、海上交通の重要な拠点などを航行する船舶の情報を容易に把握し、海域や航路に着目した造船・傭船の需要予測に役立てることで、利益最大化など経営戦略の策定も支援するものだ。

海図1image01

船舶位置情報サービスの画面例(航行の軌跡の表示) ※海上にマッピングされている点が船舶の位置です。

本サービスの具体的な特徴としては、PC上のWebブラウザからアクセスするだけで利用出来ることがある。

地図をベースとするUIを使用した操作画面であり、必要な海域の状況確認や船舶位置の把握が簡単であり、メニューアイコンから船舶絞り込み表示機能、フリーキーワード・船舶スペック検索などの機能に簡単にアクセスが可能である。

 

また、船舶情報には米国調査会社IHSの海事部門IHSマリタイムが提供する船舶自動識別装置(Automatic Identification System 以下、AIS)のデータを利用し、沿岸域のAISデータと共に衛星経由の遠洋AISデータも利用しており、世界中で運航している船舶の位置をリアルタイムで把握し運行の状況を確認出来る。併せて、諸元(スペック)・オーナー情報・建造情報など当該船舶に関する詳細情報の照会も可能であり、過去~現在の航行履歴から、動向分析や将来予測にも利用できるという。

更に、海図上で指定した範囲を通過した船舶を検索する空間検索が可能。そして、これらの検索結果をグループ(リスト)として保存、管理も出来る。尚、本サービスは、ユーザーの個別の要望に対応したカスタマイズをすることが可能で、これにより一層業務に密着したサービスを実現することが出来る仕様となっている。

対応ブラウザは、Internet Explorer 8, 9、Mozilla FireFox、Google Chromeであり、1ライセンス当たり年間4,980,000円(税別)で、カスタマイズの場合は個別見積となる。

-終-

《広告》


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。