Browse By

こんな食玩あり?? バンダイの『ハコビジョン(HAKO VISION)』 〈65JKI00〉

ハコ102265e972b89c0b52e2fdc9676f7db71バンダイの『ハコビジョン(HAKO VISION)』は、スマホを使って簡単にプロジェクションマッピングが楽しめる食玩で、2014年1月27日からの発売です!!

 

総合玩具メーカーのバンダイは、自社開発した「ハコビジョン技術」(日本特許出願中)によって、現在世界的に注目を集めている「3Dプロジェクションマッピング」や「3Dホログラム」といった映像技術を手のひら上で再現するこが可能なエンターテインメント食玩『ハコビジョン(HAKO VISION)』(2種/税込み各525円/ガム1個付)を、2014年1月27日から発売します。

遊び方は、先ず開封した外箱パッケージの中に附属のフィギュアや背景画像とクリアプレートをセットします。パッケージに印刷されている二次元バーコードをスマートフォンで読み取って専用映像をD/Lします。次にスマートフォンを、セットしたフィギュアや背景画像に向けて映像が再生出来るようにパッケージの上に載せて下方向に向けて置きます。後は映像を再生させれば「3Dプロジェクションマッピング」や「3Dホログラム」が楽しめるというものです。

ハコ1015l第1弾は、「東京ミチテラス2012」で行われた3Dプロジェクションマッピングイベント「東京ミチテラス2012『TOKYO HIKARI VISION』」と、2013年10月に日本テレビ開局60年特別美術展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」で公開された「東京国立博物館『KARAKURI』」の2種類で、今春発売予定の第2弾商品は、バンダイお家芸の人気アニメ『機動戦士ガンダム』関連の商品になることもアナウンスされています。

商品開発上の留意点としては、スマートフォンの画面サイズは色々とあるので、機種によっては映像とフィギュアの位置ズレが起きるそうですが、現在出荷されているスマートフォンの主な画面サイズ10種類に対しQRコードを読み込んだら機種を自動判別して適正な画像を表示させる機能を搭載したそうです。

↑バンダイ『ハコビジョン』PV hakovisiontvより

『ハコビジョン(HAKO VISION)』はお菓子のオマケのオモチャ(食玩)という位置づけなので、もちろん菓子売場でも販売されます。しかも500円という安価な値段で手に入るもので、手軽に「プロジェクションマッピング」を何時でも何処でも簡単に繰り返し楽しむことが可能な商品で、様々な立体映像を疑似的に大変コンパクトなサイズで体感することが出来る訳です。ミニチュアながら臨場感ある映像となっており、本格的な「プロジェクションマッピング」のさわりを充分楽しめるようになっています。

20代~40代の男性を対象に、全国の雑貨店、量販店、家電量販店等のお菓子売場、および玩具売場で販売し、2014年末までにシリーズ合計で100万個の販売を計画。また第1弾は1月27日発売ですが、その話題性故に既にアマゾン等では予約完売状態で追加予約の受付中です。

↑ハコビジョン MOBILE SUIT GUNDAM  プロモーションムービー

↓公式サイト

http://www.bandai.co.jp/candy/hakovision/

 

追加のコンテンツ如何ですが、『ハコビジョン(HAKO VISION)』には高い可能性と幅広い展開力を感じます。また国際的にも普及し世界中で楽しめる商品となるかも知れません。

-終-

玩具(おもちゃ)の『UFOキャッチャー』・・・はこちらから

 

食玩 ハコビジョン 東京ミチテラス単品

新品価格 ¥999から (2014/5/2 19:54時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。