Browse By

イケテる『バンドル』を探せ!!(3) 実力派ガールズバンドの巻 〈12JKI07〉

けいおん771KQaE4sCjL._SL1500_バンドル』特集の最後は、演奏力や音楽性の高い実力派ガールズバンドを紹介しましょう。

その楽曲のクオリティや演奏技術の高さは、人気の男性バンドと互して充分に通用するレベルのバンドです。

 FLIP

ルックス:★★ 演奏:★★★ 音楽性:★★+

フリップ171bfldTSukL._SL290_FLiP(フリップ)は、2005年に結成された沖縄県那覇市出身の4人組ガールズバンド。 地元那覇市で精力的にライブ活動をしながら、2008年6月に1stミニアルバム『母から生まれた捻くれの唄』を発表し、同年8月には「SUMMER SONIC 08」へ出演。2009年3月にはアメリカ・テキサスで開催された「SXSW 2009」に参加し、海外でも注目を浴びました。2010年2月にはミニアルバム『DEAR GIRLS』でメジャーデビューを果たしました。2011年5月には1stアルバム『未知evelution』を発売し、そのパワフルなサウンドは高い評価を受けました。2012年2月にテレビ東京系アニメ番組「銀魂」の主題歌となったシングル『ワンダーランド』をリリース。5月16日には2ndアルバム『XX emotion』を発表し、2013年6月26日、全曲セルフプロデュースによる渾身の3rd アルバム『LOVE TOXiCiTY」を発売しました。

↓『FLiP / CHERRY BOMB』より 提供:FLiP Official Youtube

とにかくカッコいいガールズバンドで、その完全無欠の演奏ぶりはスゴイと言えます。結成は高校2年の秋で、あるバンドでヴォーカルを担当していたサチコ:Sachiko(Vo&Gt)が「女子だけでカッコいいバンドを結成したい」と、中学の同級生でギターを弾いていたユウコ:Yuko(Gt&Cho)を誘い、同じ高校のサヤカ:Sayaka(Ba&Cho)とユウミ:Yuumi(Dr&Cho)を加えて結成したロックバンドです。出身地沖縄の影響なのか、その指向する音楽性は洋楽色が強いが歌詞はとっつき易い日本語ロックでもあります。 サチコの歌唱力は圧倒的でパワー溢れる感情表現は素晴らしいのですが、どこかに沖縄独特の小節とリズムを感じてしまうのも不思議ではないようで、彼女は「もしかしたら子供の頃から親しんだエイサー(沖縄の伝統芸能)の影響かもしれない」とインタビューに答えています。またキャッチーなフレーズで冴えを見せるギターのユウコや、確実にリズムを刻みながら骨太の低音を鳴り響かせるベースのサヤカ、バランス良くドラムセットを操りながら強力なビートを叩き出すドラムのユウミ。いずれも只者じゃないのですが、この4人が集まったのは本当に偶然なのでしょうか??その音楽性の豊かさには驚かされます。

↓『FLiP / ワンダーランド』より 提供:Sony Music(Japan)

アニメの主題歌としてヒットした『カートニアゴ』や『ワンダーランド』などの売れ線狙いのポップな時期を経て、インディーズやデビュー当時のようなリーダーサチコの心象風景を表した女性ならではの心根をストレートに反映した楽曲を歌っていこうと、3枚目のアルバム『LOVE TOXiCiTY』ではセルフプロデュースで原点回帰の方向性を打ち出しています。豪快なアメリカンロックのテイストに裏打ちされながらも、女の本音を遠慮なく歌い上げていくエモーショナルなロックは、抜群の演奏力と相俟ってまだまだ進化を遂げるでしょう!!

公式サイト→ http://www.flip-4.com/

公式ブログ→ http://ameblo.jp/flip-4/

PV集(SONY MUSIC)へのリンク→ http://www.sonymusic.co.jp/artist/flip/video/

赤い公園

ルックス:★+ 演奏:★★ 音楽性:★★★

赤い公園(あかいこうえん)は2010年1月に高校の軽音楽部のメンバーで結成されたガールズバンド。

↓『赤い公園 – 今更』より 提供: AkaiKoenVEVO

2010年1月4日、高校の軽音楽部の先輩後輩だった佐藤千明(Vo&Key)、津野米咲(Gt&Cho)、藤本ひかり(Ba)、歌川菜穂(Dr&Cho)の4人により結成されました。地元である東京都立川市のライブハウス「立川BABEL」等でライブ活動を始め、2011年1月、自主制作デモ音源『はじめまして』をリリースし、同年3月、自主制作によるミニ・アルバム『ブレーメンとあるく』を発表。以降、カナダでの「Next Music from TOKYO vol 3」にNATSUMEN、チーナらと参加、注目を集めました。その後、2012年2月にはミニアルバム『透明なのか黒なのか』でメジャーデビューし、5月にはミニアルバム『ランドリーで漂白を』をリリース。2012年9月ミニアルバム『のぞき穴』発売。しかし同年10月9日、バンド公式サイトにて、津野米咲の体調不良により活動を休止することを発表しました。
その後、2013年3月1日、Ustreamに出演して活動を再開することを発表し、同年6月5日リリースのSMAPのシングル「Joy!!」で、津野米咲が作詞と作曲を担当。同年8月14日アルバム『公園デビュー』をリリース。2014年3月5日には4thシングル『絶対的な関係 / きっかけ / 遠く遠く』が発売予定であり、『絶対的な関係』は2014年1月開始のCX系テレビドラマ「ロストデイズ」の主題歌です。

↓『赤い公園 – ♪ランドリー』より 提供:赤い公園

全曲の作詞・作曲・プロデュースを手掛けている津野米咲がバンドの中心的存在。彼女の卓越したソングライティングとアレンジの力で、このバンドの“ポスト・ロックやトイ・ポップが程好く昭和歌謡と融合している様な”路線が花開いたと言えます。吹奏楽の経験もある音楽オタクの津野が、クラシックや現代音楽の要素も取り入れながら、不協和音や意外性のあるカウンター・メロディーを取り入れたりと、色々な試みをしながら楽曲を作り上げています。 津野は「ジャンルがかちっと決まっているバンドが多いシーンの中で、限りなく、とてつもなく自由でいたいんです。だから、方向性を決めないというのが方向性ですね」「今まで色んな音楽を聴いてきた中で、やりたい音楽がごちゃ混ぜになっているんですよね。一番好きなアーティストを訊かれたりすると困るし、”こういうバンドが好きなのかな?”と想像してくれるとうれしい」と語っています。

↓『赤い公園 – 風が知ってる 【 TVアニメ『とある飛空士への恋歌』EDテーマ】』より 提供:赤い公園

トリッキーで変則的な楽曲の構成とポップなメロディ進行の対比が味のあるサウンドとなっていますが、そのアンバランスさが癖になり、また聴きたくなるバンドです。また、レコーディングでは敢えて歌の音程が多少ずれても補正せずにいるそうですが、これも楽曲の魅力の一因かも知れません。 ライブやアーティスト写真を見るとメンバー達ちは白装束を着ていますが、津野によると「なんとなく演奏が上手く見えそうだし、ステージの照明にも映えるかな?って。衣装があったほうが気合いが入るし、そもそも普段着には自信がなくて(笑)」とその理由について述べています。 尚、バンド名は『怪獣公園』にする予定でしたが、既に他のバンド名で使用されていたため、『赤い公園』に変更したそうです。

公式サイト→ http://akaiko-en.com/

 

Cyntia

ルックス:★★ 演奏:★★★ 音楽性:★★

シン191X4-fwwCeL._SL290_Cyntia(シンティア)は、Liv Moonのミュージックビデオでの共演をきっかけにYUI(Gt)とKANOKO(Dr)を中心に2011年、東京で結成されたガールズバンド。

2011年秋に東京で結成され、インディーズレーベルからシングル『ラン・トゥ・ザ・フューチャー』をリリース。2012年9月5日には同じくインディーズから発売されたアルバム『Endress World』がオリコン・デイリー・アルバム・ランキング22位にランクインしました。2013年1月6日に行われた、韓国のアイドルグループKARAの東京ドーム公演のバックバンドにも抜擢され、更に注目度がUP。  (『Lady Made』ジャケット写真より) 2013年3月20日に2ndアルバム『Lady Made』でメジャーデビューし、同年7月31日シングル『Return to Myself~しない、しない、ナツ』をリリース。2014年1月8日にはテレビ朝日系アニメ番組「聖闘士星矢Ω」主題歌の『閃光ストリングス』発売し、2014年2月12日アルバム『Limit Break』発売予定。

↓『Cyntia – 閃光ストリングス<テレビ朝日系アニメ「聖闘士星矢Ω」主題歌>』より 提供: Victor Entertainment

メンバーを紹介すると、YUIは相川七瀬のライブ・サポートでも活躍する超絶テクのギタリスト。ドラムのKANOKOも数多くのサポート・ワークをこなす売れっ子ドラマーです。AZUは元LAZYgunsBRISKYのベーシストとしてロックファンの間では有名です。キーボードのAYANOは音楽大学で作曲、プロデュースを専攻した本格派ミュージシャン。そしてボーカルのSAKIは、1年以上にわたるオーディションの中から選ばれた元アイドルで、独自の世界観を発揮してバンド内では作詞も担当しMBS「アゲぽよガールズ4期生」としても活躍中、という実力派揃いの5人組です。

↓『Cyntia – 深愛エゴイズム(MUSIC VIDEO)』より 提供:Victor Entertainment 

ガールズバンドと侮ることなかれ・・・。各プレイヤーのハイ・レベルな演奏でハードロックやヘビーメタルファンも熱狂させる公演は圧巻、そのライブパフォーマンスの魅力にリピーターが続出しているそうです。 この、まさしく”ツンデレ”メタルと評される世界感は、ツンデレ愛好家の音楽ファン??にとり「イイ感じ~♪」なのです。その中毒性の高いサウンドとライブを、是非、チェックしてくだされ!! ちなみにCyntiaは、Cynthia+Tiaraから生まれたバンド名とのこと。

公式サイト→ http://cyntia.jp/news/

住所不定無職

ルックス:★+ 演奏:★★ 音楽性:★★★

住所不定無職(じゅうしょふていむしょく)はギタリスト4人のガールズバンド。

↓『住所不定無職「IN DA GOLD,」MV』より 提供:UKPROJECTofficial

2007年に結成、東京都内を中心にライブ活動を行い、2010年3月に1stアルバム『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』を発表しました。2011年1月26日にはシングル(ミニアルバム)『JAKAJAAAAAN!!!!! 』を発売、同年11月16日には『トーキョー・ポップンポール・スタンダードNo.1フロム・トーキョー!!!』をリリース。2013年5月15日3rdシングル『One Happy, Two Sad & Three Pretty Things』を発表しました。

↓『住所不定無職 / JAKAJAAAAAN!!!!! 予告編』より 提供:chiangmaidemachi さんのチャンネル

もともとユリナ(Gt他)、ヨーコ(Gt他)、ザ・ゾンビーズ子(Gt他)からなる3ピースバンドでしたが、結成のきっかけはユリナがハローワークでザ・ゾンビーズ子とヨーコに声をかけたことからだそうです。つまり無職の3人が集まって結成されたから『住所不定無職』なんですネ。

なんかトホホな出発ですが、その才能は凄い。音楽性の豊かさやその可能性を考えると、今のガールズバンドを語るのに欠かせないバンドとも言えます。デビュー当初のサイケデリックで手作り感満載のイメージを払拭して、昨今の楽曲はリズミカルで軽やかなポップ調に大変身です。そしてそこにはポップロックのあらゆる要素が全て網羅されていると言っても過言ではありません。数々の歴史的なPOPサウンドを独自の解釈で融合し、キャッチーな歌詞と躍動感溢れるメロディで表現していく彼女達ちは、俄然メジャーとなりました。 ありとあらゆるポップロックのテイストを身に纏ったその音楽性は、好き嫌いは別として、一度は聴いてみることをお勧めします。彼女達ち、ただ者じゃないバンドですから~!! ちなみに2013年1月からは4人目のメンバーとして℃-want you!(シ・オンチュ)が加入し、現在はギター4人組??です。

公式サイト→ http://killertuneexplosions.com/

 

アゲ嬢メタルバンド:Aldious(アルディアス)」や男女混成( or 男性ミュージシャンのサポートあり)バンドなどについては、【番外編】にていずれ扱う予定です!?

-終-

 

《スポンサードリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。