Browse By

【健康生活】 「セル・エクササイズ」について調べてみました!! 〈304JKI10〉

セル1ダウンロード今回のチエちゃんの【健康生活】では 「セル・エクササイズ」を調べてみました。簡単なエクササイズで副交感神経が優位になり、細胞に血液を行き渡らせる体操です。

自律神経をコントロールできれば、細胞(セル)から健康で綺麗になれるそうです!!

【セル・エクササイズとは】

セル・エクササイズとは、セルを活性化させるエクササイズのことです。

セルとは「細胞」という意味で、全身の細胞に血流を行き渡らせることで、副交感神経を活性化させるのがセル・エクササイズの狙いの一つです。副交感神経の活動を促進し自律神経を自らコントロールできれば、健康で綺麗な身体(からだ)になれるといいます。

順天堂大学医学部の小林弘幸教授と医学博士でフィジカルトレーナーの末武信宏氏が共同で開発した世界初の身体と自律神経機能を向上させるエクササイズで、単に筋肉や関節・内臓を強化するだけでなく、自律神経機能が強化でき、低体温改善にも有効で、血流の促進による平常体温の上昇が期待できます。

 

人体を構成する細胞に働きかけて身体能力を高めるセル・エクササイズは、ダイエットや筋力強化だけを目的とした筋肉トレーニングの様な激しいエクササイズとは異なります。大変バランスの取れたエクササイズであり、身体のトレーニングと平行して脳や神経系の調整を行い、身体のみならず心の健康、精神的なストレスの軽減にも役立つのがセル・エクササイズなのです。

つまり、ハードウエアである骨や筋肉、関節や腱、そして内臓などの肉体とソフトウエアの部分である脳や神経の機能をともに強化できる、世界で初めての自律神経系の能力向上と調整に着目した複合エクササイズなのです。

【セル・エクササイズの効果】 

〈筋トレ効果 ~身体能力の向上 〉

セル・エクササイズは、もちろん身体の様々な筋肉を効果的にも鍛えることが可能です。一部の筋肉だけではなく、身体能力を全体的に高めることも可能なため、どの様な種類のスポーツにも合致した体を作リあげることができるという特徴があります。

通常の筋トレ効果、インナーマッスルや心肺・循環機能の強化、関節や筋肉の可動域改善、基礎代謝力のアップ、腱や靭帯などの強化、リンパや血行の促進向上など、多くの身体能力の向上に大きな効果が期待できます。

また、セル・エクササイズは単なるエクササイズではなく、身体の状況や能力の検査にも有効のようで、セル・エクササイズのインストラクターは、セル・エクササイズを行っている人の動きを観察すれば、どの部位の筋肉が弱くなっているのか、どの部位の筋肉を強化すれば良いのかが解るそうです。骨や関節、それぞれの筋肉の動きや連動運動のレベルも明確に判断できるといいます。

〈健康効果 ~ 副交感神経の機能向上〉

こうしたセル・エクササイズは、一部のアスリートの為だけではなく、普通の人々にとっても大きな健康効果が望めます。

例えば、セル・エクササイズは交感神経だけでなく、副交感神経の機能も向上させるエクササイズなので、ダイエットには最適といえます。

副交感神経の機能向上は、ダイエットの重要なポイントといえます。副交感神経の機能が向上すると、腸管の働きがよくなります。腸管の働きが向上すると便秘が解消され、それに伴い内臓の活動が活発になりスムーズな消化が促進されます。

逆に副交感神経の活動が低下してくると、不眠や便秘、ストレスで消化や代謝がスムーズにいかず、副交感神経のレベルを上げようとして必要以上に食べ過ぎてしまうことがあり、結果として太るという悪循環に陥ります。

そこで副交感神経の機能向上を目指すことになりますが、激しいエクササイズより、ほどよいエクササイズの方が継続し易く、副交感神経の機能も確実に向上します。

〈アンチエイジング効果〉

全身の細胞一つ一つに働きかけるセル・エクササイズは、アンチエイジング効果もあります。細胞に含まれている老化の原因をセル・エクササイズによって排除するとともに、若くて弾力のある細胞を再生していきます。インナーマッスルを鍛えることで姿勢もよくなり、ボディの外見上もより締まって見えます。

〈健康促進の効果〉

セル・エクササイズの健康促進の効果には、
1. 心肺機能向上
2. 便秘解消
3. 免疫力向上
4. 不眠解消
5. 冷え・むくみ解消

などがあります。

また健康促進以外の代表的な効果・効用は以下の通りです。

1. ダイエット&痩身体質効果
2. 姿勢矯正効果
3. ストレスケア効果
4. アンチエイジング効果
5. 高齢者の運動機能向上&リハビリ効果

セル・エクササイズは高齢者の運動機能を向上させ、うつ状態の改善や精神的安定の獲得、自律神経機能の向上など、様々な効果が期待出来るようです。

【セル・エクササイズの方法 】

セル・エクササイズには、コンディショニングパート、トレーニングパート、ヒーリングパートの三つがあります。この三段階のパートの組み合わせが、セル・エクササイズの効用を最大限に引き出す仕組みであり、副交感神経を活性化させる秘訣のようです。

BGMもコンディショニングパートではヒーリング系ミュージックがよく、トレーニングパートではテンポ良いダンスミュージックが最適、ヒーリングパートではスローテンポなヒーリング系のミュージックが適しています。

以下に、具体的なセル・エクササイズの方法を紹介します。

↓コンディショニングパートの方法はこちらから

http://www.topathlete.co.jp/cellexercise/conditioning/ 

↓トレーニングパートの方法はこちらから

http://www.topathlete.co.jp/cellexercise/training/

↓ヒーリングパートの方法はこちらから

http://www.topathlete.co.jp/cellexercise/healing/ 

 

自律神経のバランスを自らがコントロールすることで、セル・エクササイズにおいては精神の状態を安定させながら、且つ最大限に身体能力を発揮出来るようになります。つまり、単なる健康の改善に繋がるだけではなく、日々の生活における、すべての心と体のパフォーマンスが向上すると考えられるのです・・・。

またセル・エクササイズでは、日常生活ではあまり使わない部位を刺激し、動作を行うことで、眠っていた身体(からだ)の隅々までを活性化させます。そして副交感神経の機能を活発化させることで、他のエクササイズとは異なった安心感やリラックス、そして軽やかな爽快感を得ることが可能なのです。

 

本音を言えば、私みたいな何をやっても「三日坊主」の人間にとっては、このセル・エクササイズはそれほど大きな負荷のかかる運動ではないので、もしかしたら長く続けられるかも知れない、との期待があります。ちょっくら、挑戦してみようかナ~!!

-終-

 

《スポンサードリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。