Browse By

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の特報映像が公開される!! 〈18JKI15〉

マックス1200マッドマックス・シリーズの最新第4作の特報映像が公開されました。この映画は、85年の『マッドマックス/サンダードーム』以来30年ぶりの続編です。

新作の主演は、メル・ギブソンから『ダークナイト ライジング』や『インセプション』のトム・ハーディにバトンタッチされました・・・。

日本では来年(2015年)の夏に公開予定です。

 

筆者も大好きなメル・ギブソン主演の傑作アクションSF映画『マッドマックス』シリーズの30年ぶりとなる最新作が、『マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)』として来年(2015年)の夏に日本でも公開されます!!

 

核戦争後の荒廃した近未来を舞台に、家族(妻と息子)や友人を凶暴な暴走族に殺害された警察官のマックス(メル・ギブソン)が、愛車インターセプターを駆り、自身の生存を懸けて壮絶な復讐劇に挑む物語でした。

この映画は低予算で創られましたが、異形の改造車がたくさん登場する迫力のカースタントが当時の観客のド肝を抜き、伝説のアクション映画として評価されるに至りました。またメルは、一躍、この作品でスター俳優の仲間入りを果たします。

 

マックス251S2XJCKWQL続編の『マッドマックス2』(1981年)も世界的に大ヒットしました。前作の世界観を更に掘り下げて独特なものとし、登場する人物たちのファッションや髪型(モヒカン刈り等)、各種の武器、様々な改造車など、皆、当時大変な話題となったものです。

ちなみに、人気漫画『北斗の拳』(原作:武論尊/作画:原哲夫)も、この映画に影響を受けたといいます。

 

マックス351nsPqJ8zvL1985年にはシリーズ3作目の『マッドマックス/サンダードーム』が公開されました。共演にはティナ・ターナーらを迎え、その破壊と暴力のパワーは前作に比べて更にスケールアップした感があります。

サンダードームのタイトル通り、ドーム内の金網リングで壮絶なバトルアクションが繰り広げられました。

 

今作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、3作目公開から30年を経たファン待望の最新作となります。シリーズ全作で監督と脚本を務めたジョージ・ミラーが監督を務め、『ダークナイト ライジング』で凶暴な悪役ベインを演じたトム・ハーディーを主演に迎えたシリーズ最新作です。

また本作にはアカデミー賞女優シャーリーズ・セロンが出演していますが、ジョージ・ミラー監督によると、「セロンが演じるスキンヘッドのフィリオサというキャラクターは、女性版ロード・ウォーリーアーズ的な存在で、巨大トラックを操る女ボス」だそうです。

トム・ハーディやセロンの他には、『X-MEN:フューチャー&パスト』のニコラス・ホルト、レニー・クラビッツの娘ゾーイ・クラビッツ、エルビス・プレスリーの孫娘ライリー・キーオ、『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』のロージー・ハンティントン=ホワイトレイらが出演しています。

また、映画で描かれる荒涼たる世界を再現するために、アフリカのナミビアで半年間にわたる過酷なロケが敢行されたといいます。

来年(2015年)5月15日に全米公開され、日本では2015年の夏、全国拡大公開の予定です。

公式サイト ⇒ http://MadMaxMovie.net

 

そして今回、日本版特報が解禁となりましたので、ご紹介します。

この特報は、7月23日から米国サンディエゴで開催された「コミコン・インターナショナル・サンディエゴ 2014」でお披露目された映像をベースに制作されたもので、砂漠にたたずむマックスが何者かに追われるシーンから始まります・・・。

↓『映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」特報』より  提供:シネマトゥデイ

 

今作はシリーズ全体の中で、どの様な位置づけになるんでしょうか?

またマックスとフィリオサの関係は? そして結末は? また続編に繋がるのでしょうか? ・・・来夏が待たれます!!

-終-

《広告》


One thought on “『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の特報映像が公開される!! 〈18JKI15〉”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。