Browse By

NEWアプローチ「キバリオン」(2)/atn

141025_08この文書の目的は、あなたにキバリオンの基本的な教えを知って頂くことです。教えを詳細に説明するよりも有効な「原理」を示すことで、あなた自身で応用して頂きたいと思います。

あなたが真に学ぶ人であれば、原理の本質を理解して応用することができるでしょう。そうでない場合、あなたは真の理解者になれるよう自らを高めなければなりません。理解できない人には、ヘルメスの教えは単なる言葉の羅列にすぎないのです。

これはキバリオンの前書きの、終わりの部分です。いきなり厳しい文章ですね(笑)。大きな気持で読み進めて頂ければと思います。前書きの一部は省略しましたが、省略した部分にも多くの示唆に富む言葉があります。それらの解説は別の機会に譲り、ここから7つの原理の概要の説明に入ります。まずは第一の原理からです。


【第一の原理:Mentalism 唯心論(思考の原理)】

「The All (ジ・オール)は心、宇宙は精神である」

第一の原理は、「ジ・オールは精神」という真理をあらわします。

141025_01宇宙という言葉は誤解されやすいので、補足します。ここで言う「宇宙(Universe)」は(この世に存在するすべてを含む)万物、森羅万象という意味です。太陽系や銀河系といった、天文学としての宇宙という意味ではありません。もちろん、天文学としての宇宙も森羅万象の中に含まれます。先ほど「大きな気持で」と書いたとおり、天文学の宇宙より大きな「ジ・オール」に思いをめぐらせながら、読んでみてください。

The Allは、日本語では「全」と訳されることが多いです。私は、ここでも(前回のフォースと同様)「ジ・オール」のままとしています。口頭で説明するときに、その方が音として伝わりやすいと思うのですが、私がそう思っているだけかも知れません。

141025_02さて、ジ・オールとは物質的宇宙、生命現象、物質、エネルギーの名で知られる現象(すなわち私たちが物質的に知覚できるすべて)の背後に存在する「根本的な現実」とされます。

それは知ることも定義することもできないが「普遍的で無限の、命ある心」と考えられると説明されています。

すべての、現象としての世界や宇宙は、創造の法則に従ったジ・オールの心的創造物にすぎません。そしてジ・オールの精神の中にすべての宇宙は存在し、私たちもその中で生き、活動し、存在しているとされます。

この原理により宇宙の精神性を確証すれば、世の中の注目を集める様々な精神的、超自然的な現象はすべて容易に説明がつきます。逆に、そうしなければ理解することも科学的に説明することもできません。

ヘルメスの唯心論(思考の原理)を理解すれば、精神宇宙の法則をつかみ、自己の幸福と発展に活かすことができるのです。

141025_03ヘルメス哲学を学ぶ者は、思考の原理をでたらめに使わず、知的に応用することができます。マスターキーを手にすれば、思考と精神に関する知識の殿堂にあるたくさんのドアを開き、自由に賢く、その中に入ることができるのです。

この原理はエネルギー、パワー、そして物質の本質を説明し、それらがなぜ、どのようにして心の熟達に従うかを説くものです。

その昔、あるヘルメス哲学のマスターがこう書き残しています。「思考の原理を習得するものは、熟達への道をよく歩んでいる。」そしてこの言葉は、それが書かれた頃と同様に、今でも真実です。

このマスターキーがなければ、心の熟達は不可能であり、たくさんのドアを無駄にノックして終わるでしょう。

 

141025_11如何でしたか? なかなか難しいと感じられた方もおられると思います。思考の原理はキバリオンの中でも極めて重要な原理です。しかしすべてを理解できなくても大丈夫です。今日のポイントとして、宇宙(すべての事象、森羅万象)はジ・オール(精神)を基盤として成り立つという概念を知って頂ければOKです。

 

次回は、第2の原理「照応の原理」の概要を説明します。


【NEWアプローチについて】

「パッションテスト」は思考の原理に合致し、シンプルで非常に有効なツールです。NEW(Numerous Epic Words)では、パッションテストと親和性が高く優れた自己改革メソッドのエッセンスをご紹介しています。

※パッションテスト&NEWアプローチワークショップは11月14日(金)、11月29日(土)開催予定。詳しくはhttp://パッションテスト.com
※カフェやスカイプを用いた個人セッションも随時受け付けています。お気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 
《広告》


2 thoughts on “NEWアプローチ「キバリオン」(2)/atn”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。