Browse By

【訃報】 ロック界の名ベーシスト、ジャック・ブルース死去!! 〈2370JKI18〉

クリーム171nDKF4Bi2L._SL1111_

『グッバイ・クリーム(Goodbye)』

どうしても『クリーム』の『ジャック・ブルース』になっちまう。

それはたぶん彼の音楽人生の内、ほんのわずかな瞬間だったのにネ。

でもやはり筆者は、『クリーム』解散以降の彼の活動はあまり覚えていない。皆さんの印象はどうだろうか・・・?。

 

英国での報道によると、歴史的なロックバンド『クリーム』の元メンバーで、世界的に著名なベーシストのジャック・ブルースが、10月14日に英国のサフォーク州にある自宅で死去したと、家族らが25日に発表した。享年71歳。かつて肝臓癌の手術をしたことがあるが、その後も肝臓の病気を患っていたらしい。

 

ジョン・サイモン・アッシャー・ブルース(John Symon Asher Bruce)は、1943年5月14日生まれの英国スコットランド・グラスゴー出身のミュージシャン。17歳頃まで王立スコットランド音楽演劇アカデミーでチェロと作曲を学ぶが、その後、グラスゴーを離れロンドンに移り住んだ。

1962年以降、当初はジャズ系グループに参加し、マイク・テイラー、ジンジャー・ベイカー、グレアム・ボンドらと親交を結んだ。1963年にはグレアム・ボンド・オルガニゼーションで演奏、このグループには、なんとギタリストのジョン・マクラフリンが加わっており、4ビート・ジャズとブルースをミックスした様なサウンドで、ジャック・ブルースの(ベースではなく)ブルース・ハープの演奏が注目を浴びたという。

1965年にはエレキベースに持ち替えて、ジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズに一時的に参加した。そしてこのバンドで、エリック・クラプトンと出会うことになる。

 

1966年7月、ギタリストのエリック・クラプトンやドラマーのジンジャー・ベイカーと共にバンド『クリーム(Cream)』を結成。ロック音楽史における最強スリーピース・バンドの誕生であった。

結成に関しては諸説あるが、最初にベイカーがクラプトンを誘い即決で承諾を得たが、クラプトンはブルースを参加させることを条件としたらしい。既にブルースとは犬猿の仲だったベイカーは大いに驚いたが、クラプトンの意志は固く、仕方なくブルースを加えてバンドは船出したと云う。

クリーム561+AYIE3TcL._SX425_

『カラフル・クリーム( Disraeli Gears)』

こうしてデビューした『クリーム』の、ベイカーとブルースの持つジャズ的な即興性と、クラプトンのブルース・フィーリングに満ちたアドリブが火花を散らす演奏は、以後のロック・ミュージックに途方もなく大きな影響を与えたと考えられている。そして実際のライブでの彼らの演奏は、ジャズやブルースに立脚した三つ巴のインタープレイであったのだ。

また特に、三人が三人とも仲が悪かったという伝説? がその高い演奏の質を維持した緊張感の源とされており、互いの敵意とエゴの衝突が、わずか2年半程度と短い活動期間だった『クリーム』を、ハードロック・バンドの偉大なる草分けとして世界の音楽シーンに名を残させたと言えよう。

→後にブルースは、クラプトンの悪口を広言したことに関しては「あの頃は彼の才能がとても羨ましかっただけなんだ」と述懐している。

→クラプトンも、ベイカーとブルースの仲違いやエゴの強さに、途中からこのバンドに窮屈さを感じ始めたと云う。

 

『クリーム』でのブルースは、ベースはもとよりリード・ヴォーカルやハーモニカ(ハープ)、チェロ、そしてピアノなども担当していた。

そして常にアンプを大音量で鳴らして、ギターラインに対抗するかの様な、まるでギター・ソロとみまごうほどテクニカルなそのベース・プレイは、多くのベーシスト達ちに大きな影響を与え、以降、音楽界を代表するベーシストの一人と見なされてきた。

その後、パワー・トリオの先駆者として活躍していた『クリーム』だが、1968年末には解散することになる。

 

【『クリーム』のディスコグラフィ】

・『フレッシュ・クリーム(Fresh Cream)』(1966年)

・『カラフル・クリーム( Disraeli Gears)』(1967年)

・『クリームの素晴らしき世界(Wheels of Fire)』(1968年)

・『グッバイ・クリーム(Goodbye)』(1969年)

・『ライヴ・クリーム(Live Cream)』(1970年)

・『ライヴ・クリーム Vol.2(Live Cream Volume 2)』(1972年)

・『BBCライヴ(Cream BBC)』(2003年)

・『リユニオン・ライヴ 05(Royal Albert Hall London May 2-3-5-6 2005)』(2005年)

 

【『クリーム』解散後の主な活動】

ブルース451kor-ZA54L._SL500_AA280_

『ソングス・フォー・ア・テイラー』

・1969年にピート・ブラウンとともにファースト・アルバム『ソングス・フォー・ア・テイラー』をリリース。

・同年(1969年)ラリー・コリエル、ミッチ・ミッチェル、マイク・マンデルによるメンバーでライブ活動を再開。

・1970年にはジョン・マクラフリンの在籍するアメリカのトニー・ウィリアムスのグループ、『ライフタイム』に加入。

・カーラ・ブレイの作品『エスカレーター・オーヴァー・ザ・ヒル』でポール・ハインズの詩の詠み手を担当。

・ソロ2作目『ハーモニーズ・ロウ』をリリースし、『Jack Bruce & Friends』としてライブ活動を行うが、バンドは1972年に解散。

・マウンテンのレスリー・ウエスト、コーキー・レイングとのトリオ、『ウエスト・ブルース・レイング』を結成するが、1973年半ばに解散。

・1975年に元ローリング・ストーンズのミック・テイラーとともに、カーラ・ブレイ、ブルース・ギャリー、ロニー・リーヒーをメンバーとした『ザ・ジャック・ブルース・バンド(The Jack Bruce Band)』を結成。

・1977年に『ザ・ジャック・ブルース・バンド』のアルバム『ハウズ・トリックス』を発表。

・1979年にはジョン・マクラフリンのツアーに参加しビリー・コブハムと組む。

・1980年には、コブハムと共にモーズ・アリソンのモントルー・ジャズ・フェスティヴァル出演をサポート。またアメリカでビリー・コブハム、クレム・クレムソン、デイヴィッド・サンシャスらと共に『ジャック・ブルース & フレンズ』として新たに活動を開始。

・セッション・ベーシストとして多くのギタリスト(ロビン・トロワーやトレヴァー・ラビン、ゲイリー・ムーア、バーニー・マースデンなど)のレコーディングに参加。

・1993年1月、ロックンロール・ホール・オブ・フェィムの授賞式で『クリーム』を再結成。

BBM151wqXtdnmRL

『Around the Next Dream』

・1994年、ジンジャー・ベイカー、ゲイリー・ムーアと『BBM』を結成し、『Around the Next Dream』を発表。

・2001年、サルサ等のラテン・ミュージックをミックスした『Jack Bruce and the Cuicoland Express』を編成。

・2005年5月、『クリーム』再結成コンサートをロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール、同年(2005年)10月にはニュー・ヨークのマディソン・スクエア・ガーデン・コンサートで実施。

 

こうしてみても、ジャズやクロスオーバー、フュージョン界での活躍が目立つし、ひとつのバンドやグループでの活動がなかなか長続きしていない。その結果として、ロック音楽のファン側からみると、その存在は散漫な印象となってしまったのではなかろうか。

 

今でも『Sunshine of Your Love』ならばベースパートも弾けるし、『White Room』や『Crossroads』、そして『Badge』などはギターでコピーした想い出の曲だ!!

結局のところ、『クリーム』はやはり偉大だ、と言いたい。そしてなによりもジャック・ブルースの冥福を祈る・・・。

-終-

 

《広告》


2 thoughts on “【訃報】 ロック界の名ベーシスト、ジャック・ブルース死去!! 〈2370JKI18〉”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。