Browse By

御朱印集めがブームです!! ~御朱印ガール急増、御朱印帳特設売り場の開設も~ 〈1647JKI27〉

谷中印3ダウンロード

谷中七福神巡り (特製色紙利用)

7年~8年くらい前に、親しい友人に誘われて都内の寺社を御朱印を頂きに廻ったことがあります。私はそれっきりでしたが、彼女は続けているみたい。近頃、知り合いになった方も熱心に集めてらして、聞くところによると、ここ最近も大変なブームのようです。

そこで、御朱印集めの近況を調べてみました・・・。

 

昨今、寺社は単に参拝・参詣するだけでなく、(その是非はともかく)仏像や収蔵品の鑑賞や霊場・パワースポット巡りの対象とされることが多くなってきました。そんな寺社巡りの楽しみの一つに、御朱印集めがありますが、この御朱印集めの元々のルーツは、「お遍路さん」で有名な四国八十八カ所霊場巡りなどの霊場巡礼にあるとも云われています。

 

御朱印とは

御朱印とは、元来は寺院へ参拝して自らが写経した経典を納めた証(あかし)として頂いた印のことでした。しかし、江戸時代の後期頃からは必ずしも納経をしなくても参拝の証明として印が頂けるようになり、現在では、それが全国に広がり、寺院だけではなく多くの神社でも頂けるようになっています。

しかし例外として、浄土真宗のお寺では頂けない様ですし、また年中頂ける寺社と、正月などの一定期間のみの場合があるので、御朱印を集める場合は事前に確認してから訪れましょう。

大概の御朱印は、その寺院や神社の御宝印や社名を朱で押した印と、御本尊名や社名などが墨書き(住職などの僧侶や宮司などの神職の方が書かれますが、大規模な寺社では専門のご担当がいます)されたもので成っています。

その寺社所縁(ゆかり)のお言葉などを素晴らしい達筆で添え書したものや、これもご縁の事柄等の絵姿や可愛い動物印入りなどと、個性豊かでバラエティに富んでいますが、意外とシンプルで飾り気のないものにも人気があるようです。

御朱印はその寺社に参拝した証であり、記念となり、旅の想い出ともなるものですが、単なる観光地の記念スタンプ等とは異なり、御札や御守りと同じように神仏に敬意を払って頂いた貴重なものであり、有難く大切なものとされますので大切に保管するようにしましょう。

 

御朱印の頂き方

本来の御朱印の姿は、あくまでも参拝の証であることを心に留めてください。そこで寺社を訪れたら先ずは神仏に敬意を払い、神聖な気持ちで参拝してから、御朱印所(社務所など)に伺います。

参拝もせずに御朱印だけを頂こうとする方も見受けられますが、これではせっかくの御朱印にも申し訳けありません。

しかし、一部の参拝客の多い大規模な寺社においては、数多くの御朱印の発行を受け付けている為に、参拝前に御朱印の対応をしたり、御朱印帳を預かって発行、参拝後に返却して待ち時間短縮を図っています。その様な場合は指示に従うことにしましょう。

普通は、社務所や寺務所にて御朱印の発行をお願いすることになるでしょう。大きな神社・寺院の場合は「御朱印所」や「納経所」と掲げられた窓口があるところもあります。良く分からない場合は、お守りなどを販売している授与所などで質問してみましょう。

尚、小さな寺院では、本堂の脇や裏手に庫裏(くり)という住職の居宅がありますので、そこを(あくまで個人の住居ですから失礼の無い様に)訪問してみましょう。但し書き手が不在で断られる場合もあります。また神社の場合、郷社レベルの宮司が日頃は不在なところは社務所も無く、社印も置いていないことが多いので、御朱印を頂くことは難しいと心得ましょう。

御朱印は基本的には持参した、もしくはその場で購入した御朱印帳(後述)に書いてもらいます。稀に、その寺社で用意している和紙等に書いて頂くことも可能ですが、何でもよいという訳にはいきません。

具体的な手順としては、上記の窓口で「御朱印をお願いします」と申し出て御朱印帳を差し出します。寺社側から「続きからで良いですか?(現状の御朱印の次のページでいいか?)」などと質問されますので、特別な指定がある場合を除き、そのまま首肯ください。

ひとつの寺社で、複数の種類の御朱印がある場合は、特に目的がなければ、御本尊やその寺社の代表的な御朱印を頂く様にします。巡礼の際や特定の神仏の御朱印が欲しい場合は指定しても構いません。また解からない事がある時は(丁寧に)質問してみてください。必ず説明してくださいますので、よく考えてお願いしましょう。

大概は御朱印帳を預けた際に、「〇〇分後にお渡し致します/出来上がります」と声掛けされるので、その待ち時間が経過してから再び訪れて、書きあがった御朱印帳を返却されたところで御礼を述べて料金を払う様にします。

さて御朱印に関する料金(御朱印代)ですが、多くの寺社では300円とされていることが多いようです。しかし中には500円だったり、「御気持ちでお納めください(志納)」とされているところもあります。また、釣銭が必要とならない様に予め小銭を用意しておくのがエチケットです。

次のページへ》 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。