Browse By

【歴史ミステリー】 リンカーン大統領 暗殺の謎!? 《1》 〈248JKI54〉

ほぼ同じ頃に、怪我の為に療養中であった国務長官のウィリアム・ヘンリー・スワード(William Henry Seward)やその息子の国務次官補フレデリック・ウィリアム・スワード(Frederick William Seward)も自邸でブースの共犯者ルイス・パウエル(Lewis Powell)に襲われて負傷するが、いずれも命を取り留めたのだった。

また同時にブースは、ジョージ・アツェロット(George Atzerodt)という共犯者にワシントンD.C.のカークウッド・ホテルに滞在していた副大統領アンドリュー・ジョンソン(Andrew Johnson)の暗殺を命じていたが、アツェロットには暗殺を実行する度胸も覚悟もなく、しばらく時間をつぶした後にワシントンの街を去ってしまう。

更にこの時、ブースは南北戦争を勝利に導いた北軍の英雄、ユリシーズ・S・グラント(Ulysses S. Grant)将軍を大統領と同時に殺害することを計画していたが、グラント将軍夫妻は当日夕方に急遽、大統領に同行しての観劇を中止しており、実際に行われたのはリンカーン大統領とスワード長官の襲撃のみであった。

 

逃走時の捨てゼリフから推測して、ブースはリンカーン率いるアメリカ合衆国(北部連邦)に敵対していたアメリカ連合国(南部連合)を強く支持していたことは間違いなく、殺害の動機は合衆国及びその指導者であったリンカーンへの恨み、そして逃走先は南部の首都リッチモンドであろうことは容易に推測可能であり、そこで直ちにブースの追跡が開始されたのだった。

そして犯人捜索の最高指揮を執ったのは、当時、陸軍長官の職にあったエドウィン・マクマスターズ・スタントン(Edwin McMasters Stanton)だった。しかし彼の指揮による犯人捜索・追跡活動は杜撰なもので、捜索開始当初から誤りの連続であった。この際の多くの不手際(後述)がブースの逃走を助け、捜索隊は一時的にブースを見失うことになる。

 

こうしてスタントン陸軍長官指揮のもとで大規模な犯人捜索活動が開始される中を、ブースは共犯者のデイヴィッド・ヘロルド(David Herold)と落ち合うことに成功する。その後、メリーランド州のサラッツビルを経由した二人は、元南軍や南部連合に近い協力者の支援を受けながら南部を目指して逃走を続けた。そして事件から5日後にポトマック川を渡河した二人は、4月24日にはボーリング・グリーン(Bowling Green)近郊のリチャード・ギャレット(Richard Garrett)という男が所有する農園に辿り付いていた。

 

事件発生後、犯人捜索・追跡の為の軍捜索隊(第16ニューヨーク騎兵連隊基幹)が特別に編成された。エヴァートン・コンガー(Everton Conger)大佐とルーサー・ベイカー(Luther Baker)を指揮官として、そこにエドワード・ドハティ(Edward Doherty)中尉を副官・連絡係として加えた将校が3名に、下士官・兵が26名の合計29名の部隊(部隊の編成や将校の氏名や階級等には異説もあり、ベイカーの階級を中佐もしくは中尉とする資料もあるが事件当時の階級とは限らない。また彼は、軍情報局の局長でスタントン長官の命により直接捜索隊を派遣したラファイエット・C・ベイカー(Lafayette C. Baker)大佐(事件後に准将に昇進)の従弟とされる)である。また尚、ラファイエット・ベイカーはこの当時の合衆国陸軍の諜報工作活動の元締め的な立場にあり、現在ではこの暗殺事件の鍵を握る重要な人物と考えられていることを、読者の皆さんには覚えておいて欲しいのだ・・・。

 

さて、やがて地方警察や他の捜索隊から入ってきた情報によれば、ブースは河船で南部方面へと向かったらしいということが分った。 コンガー率いる軍捜索隊はベル・プレーン(Belle Plain)までの船に乗ってそこで陸に上がり、辺り一帯をくまなく調べた。そして事件から約12日の後(4月25日夜半から26日早朝にかけて)、ブースの逃亡を手助けした元南軍兵士ほかの証言から、犯人たちの潜伏先が上記のギャレット農場であることをつきとめた。

やがて大勢の軍捜索隊に包囲され投降を勧告された結果、逃げられないと悟ったヘロルドは投降したがブースはそれを拒否した。そして彼は、コンガー大佐の命令によって納屋に火を放たれた後に建物に突入したトーマス・ボストン・コーベット(Thomas Boston Corbett)軍曹により首の後ろを撃たれ、(生け捕りを命令されていたにも関わらず)殺害されてしまうのだった。撃たれたブースを軍捜索隊の兵士たちが火中から引きずり出してギャレット家のポーチへ横たえたが、瀕死の彼は間も無く(26日の早朝)息を引き取った。

次のページへ》 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。