Browse By

【歴史ミステリー】 リンカーン大統領 暗殺の謎!? 《1》 〈248JKI54〉

大統領を狙撃したブースは既に射殺されていたが、その後、共犯者として捕らえられた8名の裁判が軍法会議として実施された。審理は7週間にわたり、合計366名の証人が喚問されたという。

判決は7月5日に下り、暗殺の罪でデイヴィッド・ヘロルド、ルイス・パウエル(もしくはルイス・ペイン)、ジョージ・アツェロット、およびメアリー・サラット(Mary Surratt)の4人が絞首刑とされた。因みにメアリー・サラットはアメリカ合衆国で処刑された最初の女性となる。そしてマイケル・オローリン(Michael O’Laughlen)、サミュエル・アーノルド(Samuel Arnold)及びサミュエル・マッド(Samuel Mudd)の3名に終身刑が宣告され、エドマン・スパングラー(Edmund Spangler)は懲役6年となった。また、一般法廷によって裁判にかけられたメアリーの息子ジョン・サラット(John Surratt)には無罪が宣告された。

ヘロルド、パウエル、アツェロット、サラットの絞首刑は7月7日に執行された。その後、オローリンは1867年に黄熱病により獄死したが、アーノルド、マッド、スパングラーは1869年にジョンソン大統領による恩赦を受けた。

 

当時、アメリカ合衆国の国民の多くが大統領の死を悼み、ニューヨークで営まれた葬儀には数十万人が押し寄せ、更に、特別列車により北部の各都市を廻ってスプリングフィールド(リンカーンが議員として最初に選出されたイリノイ州の州都)に向かった彼の遺体を納めた棺に対し、数多くの人々が弔意を捧げる為に訪れたという。

こうして「暗殺された最初の大統領」となったリンカーンは、その後のアメリカ合衆国の歴史に大きな影響を与えたのだった。暗殺されたことで彼は、以降、「国家の殉教者」と讃えられる事になる。

しかし結局ながら、大統領が暗殺されるという未曾有の事件に見舞われながらも、アメリカ合衆国(北部連邦)が崩壊するような事態とはならずに、その後の南北戦争はアメリカ連合国(南部連合)の敗戦で終結(実質的な終戦は北バージニア軍が降伏した4月9日ないし10日だとされているが、統制がとれた部隊が最後に降伏したのは6月23日である)する事となった。

 

さて次回《2》では、いよいよこの暗殺事件に関する多くの謎の提示とその解明に挑もうと思う。乞うご期待、といったところか・・・。

-終- 《2》に続く

【歴史ミステリー】 リンカーン大統領 暗殺の謎!? 《2》・・・はこちらから

【歴史ミステリー】 リンカーン大統領 暗殺の謎!? 《3》・・・はこちらから

 

《スポンサードリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。