Browse By

【歴史ミステリー】 江戸隠密界のスターたち(3) 北方探検 間宮林蔵 〈2316JKI00〉

間宮1Mamiya_Rinzo間宮林蔵といえば我が国北方の探検家として有名な人だが、実際は公儀隠密として働いていた人で、シーボルト事件の契機を掴んだり密貿易の摘発などに関与したという。

彼の時代、江戸時代を通じて最も多くの隠密たちが活躍したとされていて、それまで浸入不可能とされた島津家薩摩藩にも幕府の隠密が入ることに成功したという・・・話もある(「蘇鉄問答」より)。

 

間宮林蔵の場合、彼が隠密の仕事に就いていたことは決して推測や謎の話ではなく、史実の裏付けがある歴(れっき)とした事実である。

但し、隠密といっても、どちらかというと年代的に外国との関わりや北方未踏地の探検と測量、地図の製作といった、当時の幕府の立場での国益の観点から、我が国の海防に関する役割が中心であった様だ。

つまり、彼の幕府隠密的な役割と探検家の仕事は表裏一体であり、その兼務はさほど不思議なことではないといえよう。

 

間宮林蔵は、安永9年(1780年)に常陸国筑波郡上平柳村(現在のつくばみらい市)で農民の子として生まれたが、間宮家は戦国時代に後北条氏に仕えた間宮氏の末裔らしい。父、庄兵衛の唯一の子であり、名は倫宗(ともむね)、号は蕪嵩(ぶすう)という。江戸時代後期の探検家として有名であるが、その実、幕府の隠密を務めた役人であった。近藤重蔵平山行蔵と共に「文政の三蔵」とも呼ばれる。

 

林蔵は、常陸国筑波郡上平柳の農家の子として生まれ、9歳の時には、村の専称寺にある寺子屋に通い、読み、書き、そろばんを学んだ。15歳頃まで上平柳で過ごした林蔵は、生家の近くの岡(関東三大堰のひとつ)の普請作業に加わった。そこで彼は普請役であった幕臣の村上島之丞に算術の才能を見込まれ、後に幕府の下役人となった。 この村上島之丞は、伊勢の出身者で地理に詳しく、測量技術にも秀でていたという。

寛政11年(1799年)、19歳の時には村上島之丞に随行して蝦夷地の調査・測量にも従事した。翌年には正式に幕府の蝦夷地御用雇となった彼は、箱館(現在の函館)で伊能忠敬に会い、伊能から測量術を詳しく学んだ。そして享和3年(1803年)には西蝦夷地の測量を実施した。後年、林蔵が蝦夷地全土を測量した結果が『蝦夷図』となり、彼の測量結果が伊能忠敬の測量地域の不足分を補い、伊能の『蝦夷地沿海実測図』や『大日本沿海輿地全図』の完成に結び付いたともいう。

 

樺太探検と間宮海峡

文化5年(1808年)には幕府(箱館奉行所)の命により、松田伝十郎と共に樺太を探検した。その際に林蔵は、樺太の北部にはアイヌ族とは別のオロッコ(もしくはウィルタ)と呼ばれる民族がいることを発見し、その様子を記録に残した。

また具体的な探査の方法として、松田伝十郎と二手に分かれて樺太の東岸と西岸を調査し、やがてどこかで行き会うことで樺太が島であることを確認しようとしたのだ。そこで伝十郎は西海岸を、林蔵は東海岸を小船で北上したが、東岸の海は大変荒れており、林蔵はシレトコ岬付近で北上を断念して樺太を横断、西海岸の松田と会合した。伝十郎は、更に北へ進んでいて、潮流の状況や、対岸にシベリア(大陸)が遠望出来たことなどから樺太が島であると判断、探検を終えて南下したところで林蔵と再会し、二人は帰還した。

同年(1808年)、林蔵は松前藩の許可を得て、再度、単独で調査に向かったが、厳寒の為に中止せざるを得なかった。

林蔵は、翌文化6年(1809年)に充分な準備を整えて再度渡樺し、北方に向かった。現地の住民を案内人にとして、樺太の北端にあるナニオーに到着すると、西に向け海峡を渡り、シベリアへと上陸し黒竜江下流域を調査した。

一帯の海岸地帯を探索の後、ギリヤーク人に同行してアムール川下流のデレンの町を訪問し、極東におけるロシア帝国の動向を確認すべく周辺の探索を続行した上で帰還の途についた。

松前藩へ帰着後、この探検によって樺太が独立した島であり、大陸との間に海峡が存在していることを明確にし、アムール川やリーマン川の両岸を含む樺太地図を作成した。

また幕府に報告する為の、その探検の記録は『北夷分界余話』や『東韃地方紀行』となり、シベリアでは、ロシア帝国の支配は必ずしも万全ではなく、この周辺には清国人が多く進出しており、居住の諸民族の多くが清国へ朝貢している情勢が報告されている。

 

間宮林蔵の探検家としての最大の功績は、この間宮海峡を発見したことであろう。後に高橋景保を通じてこの地図を入手したシーボルトは、後に作成した日本地図で、この海峡最狭部を「マミヤ・ノ・セ ト(間宮の瀬戸:間宮海峡)」と名付けて、彼の功績を広く世界に紹介したのだった。同様に、蝦夷地西海岸の測量と樺太に興味を持っていたロシアの水路学者クルーゼンシュテルンも、林蔵の間宮海峡の発見とその測量結果について高い評価を与えている。

次のページへ》  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。