Browse By

天使の心理学WORK4「夢と願いに近づくワーク」/atn

「夢と願いに近づくワーク」は、ヘルメス哲学の第4原理「極性の原理」に基づき考案されています。望ましくない状態から意識を切り替え、望む未来を引きよせるためのふたつの方法をマスターします。

 

極性とは?

はじめに、ものごとの「極性」について考えてみましょう。「極性」とは、あるものごとの性質を表し、対(つい)になるものです。

代表的な例は、地球の北極と南極。磁石のN極とS極もそうですね。電池のプラス、マイナスもそうです。「積極的」「消極的」など、対になる言葉にも使われます。

すべてのものに両極があり、反対の側があります。実は「反対」というのは、単に同じものの両端に過ぎません。そして、その間にはたくさんの「度合い」があります。

例えば、「暑い」と「寒い」は反対の意味ですが、同じもの(気温)の度合いが違うだけで、実は同じ性質のものです。

温度計に「暑さ」が終わり「寒さ」が始まる点などあるでしょうか。絶対的な「暑い」「寒い」は存在しません。ふたつの言葉は単に同じものの度の違いに過ぎず、「暑さ」「寒さ」として現れる状態であり、変化であり、(主に分子の)振動の度合いなのです。

それは私たちが「熱」と呼ぶものの両極です。その現象が「極性の原理」の表れなのです。

「光」と「闇」も、同じ原理の表れです。光と闇は同じもので、違いはふたつの極の間にある、度合いの差に過ぎません。「暗さ」が消え去り「明るさ」が訪れる境界点などありません。

同じ原理が、意識の面にも働いています。望ましい状態と、そうでない状態とは、対をなします。その間には連続的にいくつもの段階があります。絶対的に悪い状態や、絶対的に良い状態はないと理解しましょう。

もしあなたが、「絶対的に悪い状態」と思っていることがあったとしても、連続的に「良い状態」につながっているのです。


マインド・レバーのワーク

「夢と願いに近づくワーク」では、望ましくないと思う状態から、反対の極である望ましい状態へ意識を偏極させるふたつのワークを行ないます。ひとつめは「マインド・レバー」のワークです。

スロットル・レバーをご存知でしょうか。エンジンの回転数や、機械の出力を調整するレバーです。エンジンの回転数や機械の出力のように、あなたの心の状態を変化させるスロットル・レバーがあると想像してください。そのレバーを「マインド・レバー」と呼びます。

WORK2(純粋な気づきを得るワーク)で学んだ「ゼロポイントフィールド」を思い出してください。量子力学のゼロポイントフィールドは、周波数が無限大に高いポイントで無尽蔵のエネルギーが存在するとも言われている場所です。

マインド・レバーは、振動数を上げる(=エネルギーを上げる)心のレバーと考えてもよいでしょう。気持ちを切り替えたいときや「心の望みリスト」の実現が難しそうに感じてしまう時にマインド・レバーのワークを行うことで、気持ちを切り替えることができます。

実際のワークでは、マインドレバーのイメージの仕方、望ましくない状態が望ましい状態へマインドレバーをシフトする具体的な方法を練習し、マスターしていただきます。

このワークは、慣れればどんなときでも一瞬で行うことができます。行動や決断が必要なとき、マインド・レバーを押し上げましょう。


アセンションのワーク

望ましくないと思う状態から、反対の極である望ましい状態へ意識を偏極させるふたつめのワークは「アセンション」のワークです。「アセンション」とは、上昇すること。アセンションのワークは上昇するイメージを持つことで意識を偏極させるワークです。

望ましくない現状は一方の極にすぎません。望ましい未来も、同じ線上にあるのです。アセンションのワークを行うと、望ましくない現状から、望ましい未来へリラックスした状態でイメージをシフトさせることができます。マインド・レバーよりもゆっくりと時間をかけられるときに、イマジネーションを活用して行うワークです。

まずWORK1(心の望みを知るワーク)、または準備ワークで作成した「心の望みリストを準備します。その中で、まだ現状から遠いと感じられる望みをひとつ選択し、ワークシートに書き出します。

次に、その文章が実現されたときのことをイメージします。イメージできたら、ワークシートの「イメージ」の枠に書き出します。WORK1または準備ワークで行なったイメージワークを思い出して書いてもOKです。このイメージが「望む未来」のひとつになります。

イメージに対して、現状はどうでしょうか? 現状から遠いと感じた今は、望ましくない状態にあります。その状態をワークシートの「現在の望ましくない状況」に書き出します。

さて、ここからがワークの本番です。ゆったりと椅子に座り、リラックスします。このワークの導入部は、WORK3(気づきを広げるワーク)と共通です。その後、「望ましくない状況」を離れて「望ましい状況」へ近づくイメージワークを、テキストに沿って行ないます。

実際のワークを行う前に何度か練習していただきますが、ワークはテキストを見ないで目を閉じて行ないます。見なくてもできるかな?と思うまでテキストを見ながらステップ・バイ・ステップで行なってもOKです。何度か練習すれば、目を閉じてテキストを見なくても、自然にできるようになります。

望ましくないイメージにとらわれたとき、気持ちを切り替えたいとき、マインド・レバーよりもゆっくりと時間をかけられるときはアセンションのワークを行ってください。

「夢と願いに近づくワーク」によって得られること

・すべてのことに極性があり、対となる側があることが理解できる。
・望ましくない状態から、望ましい状態へ意識を偏極する方法が解る。
・望む未来に向け意識をシフトするマインド・レバーとアセンションのふたつワークをマスターできる。

現在、21種類のフィギュアリンと7つのワークを自由に組み合わせてお申込み頂けます。
※フィギュアリンの種類は在庫状況によって変更される場合がありますので、お好きな組み合わせがあれば早めにお申込みください。

 

 

 

 

 

《スポンサードリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。