Browse By

【還暦オジサンのお洒落講座】高級スーツと云えば“トム・フォード(Tom Ford)”!! 〈9JKI35〉

さて、『トム・フォード』ブランドのアイテムはアイウェアからスタートし、その後、メンズ・レディースを問わず、オートクチュールのウェア・靴・アクセサリーなどを展開していき、現在ではセレブ御用達のラグジュアリーブランドとして国際的にも不動の地位を確立している。

公式サイト  ✱実物写真はこちらからご覧ください。

そのアイウエアは、昔からあるデザインのものに高級感をミックスしたデザインが特徴であるが、クラシカルかつユニセックスで使えるようなデザインが多く、またサングラスだけではなく古典的な黒縁メガネのタイプも発売されているが、こちらはオフィシャル/ビジネス等の場においても充分活躍してくれる気品ある一品だ。

続いてブランドの主力のスーツ・コレクション。前述の通りゼニア社と提携し、最高品質の素材を用いた昔ながらのオートクチュールの手法で、一着一着が手作業で丁寧に仕立てられている。そのデザインは、基本的に身体のラインに沿った身頃もラペルも細めのスリムでモード感が強くモダンでありながらもセクシー、という独自の路線を確立した。

ブランドの代名詞の様なピークド・ラペルでワイドタイプのものから、ノッチドで細身のものまで、様々な形が揃っているが、更にそれらを自分好みの組合せでオーダーすることができ、生地も300種類を超える選定が可能、更に裏地やボタンまで含めると必ずオンリーワンのスーツを手に入れることが実現する。

またゼニア社製の生地が高品質の番手の高い極細糸を使っている為に、しなやかな着心地で体形に確実にフィットするのは当然ながら、光沢感やその質感の良さが他社ブランドのスーツとは一線を画すとされ、他のブランドの追随を許さない高級感を味わいたい向きには、『トム・フォード』ならではの優越感を是非、経験して欲しい。

但し、デザインの素晴らしさや素材の良さ、仕立ての丁寧さに製造の手間暇故に、『トム・フォード』の製品が高額であることは覚悟しよう。東京都内の店舗であれば、伊勢丹新宿店メンズ館、阪急メンズ東京などで購入することが可能だが、既製品のスーツ一着でも約40万円〜、オーダーメイドだと約70・80万円〜の価格帯となる。しかし一方で、既製品はアウトレット商品をオンラインショップで購入することも可能な様で、そちらを利用すると30万円程度から手に入れることが可能だとも聞く。

※代表的な眼鏡フレーム製品のFT5178ならば、ネット通販で2万円少々で手に入る。デザイン性だけでなく機能的にも素晴らしく、メガネ好きならばおススメ。

 

一般的なスーツと比べて、金銭的な面を筆頭にその着こなしのセンスが試されるスーツではあるが、予算に余裕があり、他人とは違ったスーツを着てみたい人にはオススメの逸品だろう。勿論、体型によっては似合わない方もいるとは思うが(笑)、近年は日本人に合うデザインのものも用意されているそうなので、是非一度、ショップまで足を運んでみては如何だろうか‥‥(見るだけでも!!)。

-終-

 

《スポンサードリンク》

5 thoughts on “【還暦オジサンのお洒落講座】高級スーツと云えば“トム・フォード(Tom Ford)”!! 〈9JKI35〉”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。