Browse By

【国鉄三大怪事件 -1】下山事件の謎 第2回 〈1031JKI51〉

『下山事件』に関する連載記事の第2回目をお届けする。今回は、捜査により判明した事件の詳細と経緯について追いかけてみよう。

連載初回はこちらから ⇒ 【国鉄三大怪事件 -1】下山事件の謎 第1回

 

事件の詳細と経緯

警視庁の捜査により判明した下山総裁の当日の足取りは、以下の通りだった。

【下山宅について】国鉄(現JR)山手線の五反田駅と京浜東北線の蒲田駅とを結ぶ東急池上線の洗足池駅の前には、都内でも屈指の広さを持つ洗足池が広がっており、彼の地は江戸時代から風光明媚な名勝地として知られていたが、その洗足駅を降りて池とは逆方向へと商店街の中を進んで行き、途中を左折して閑静な住宅街の坂道を登った中程に、大田区上池台の下山総裁の洋風の居宅はあった

※下山はこの住宅を昭和17年の春に購入している。また事件当時の住所は、大田区上池上町1081番地であった。

【事件当日の朝の様子】昭和24年(1949年)7月5日火曜日の朝、下山はいつものように午前7時(当時はサマータイム制)に起床した。芳子夫人の証言によれば、洗面所でヒゲを剃った彼は次男の俊次さんに「ヤァ、ヤァ」と朝の挨拶をしたと云う。その後、下山は居間で朝食を摂ったが、この朝食がおそらく彼の生涯で最後の食事となったと考えられている。

【自宅を出発】午前8時15分には大西政雄運転手の運転する黒塗りの総裁専用車が到着、鞄と弁当を持った下山が車に乗り込むと、午前8時20分頃に総裁を乗せた同車は下山の自宅を後にした。ちなみに通常、運転手の大西は国鉄の職員として制服を着用していたが、数日前より総裁から「制服姿では目立って危険だから、私服で勤務してくれ」と指示を受けた大西は、背広を所持していなかったのでジャンパーを着て運転に従事していたと云う。

※この総裁用公用車は、ビュイック1941年型でナンバーは41173であった。

こうして出発した総裁用公用車は、途中で下山の命で日本橋の三越百貨店に向かったが、三越が未だ開店前だった為、一旦、国鉄本社のある東京駅前に行って千代田銀行(三菱銀行、現在の三菱東京UFJ銀行)に立ち寄るなど、複雑なルートを辿った後で再び三越へと戻ったとされる。

※この三越に至るまでの総裁公用車の詳細な走行ルートに関しては、文献・資料によって差異が多くてまちまちである。また謎とも云える下山の不可解な発言や運転手に対する指示が、警察の捜査や後々のマスコミや研究者の調査において明らかとなっていく。

以前の日本橋三越百貨店

【三越到着】午前9時37分頃、公用車から降りた下山は「5分位だから待っててくれ」と運転手に告げ、急ぎ足で三越の店内へと入り、そしてそのまま消息を絶ったのだった。当日は朝9時から局長会議があり、またその後も午前中にGHQまで人員整理の経過報告に行くスケジュールとなっていた。下山総裁は几帳面な性格だったとされるが、この日は国鉄本社に一本の電話連絡を入れることもなく朝の会議をすっぽかし、日本橋の三越百貨店に到着した時点で既に午前9時半を回っていた。

だが下山は頻繁に公用車を長時間待たせることがあったので、失踪当日も大西運転手は夕方まで待機していたが、午後5時になってカーラジオからのニュースで初めて総裁が行方不明であることを知り、慌てて警察に通報したとされている。

【国鉄本社の対応】普段の下山は午前9時前には国鉄本社に出勤しており、毎朝、秘書が玄関で出迎えていた。しかしこの日は、国鉄の人員整理をめぐって大いに緊迫した状況で、午前9時から重要な局長会議が予定されていたことから、総裁が連絡もなく出社しないことに心配を募らせた国鉄本社職員が自宅へ確認したところ、いつも通りに公用車で出発したとの回答があったので、国鉄本社では大騒ぎとなり、直ちに警察へと連絡した。

 

事件の捜査

【警察の対応・捜査・5日午前の目撃状況下山総裁の失踪を知った警視庁は、午後2時頃から失踪事件として極秘に捜査を開始し、午後5時過ぎからは公開捜査へと移行した。捜査の過程で複数の目撃証言が得られたが、失踪直後の下山総裁らしき人物の姿が最初は三越店内で、次いで営団地下鉄(現東京地下鉄)銀座線の浅草行き車輌の中で目撃されていた。また三越の店内では、数名の人物たちを伴っていたとの証言もあった。

※三越の中に入っていった下山は、午前9時35分頃から10時30分頃の約1時間にわたって三越の内外で少なくとも4人の人物に目撃されているが、その内、少なくとも3人の三越店員からの目撃証言が得られた。この約1時間における下山の行動については自殺説と他殺説では解釈が異なっているが、目撃された人物が下山総裁本人であろうという事に関してはほぼ見解が一致している。但し一部には、下山本人である可能性がやや低いものも含まれていた。

※三越を出た後、地下鉄に乗ったと思われる下山は、昼頃に銀座線内で1人、浅草駅構内で1人の合計2人に目撃されている。

次のページへ

《広告》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。