Browse By

【ミリタリー映画館】B-17の登場する映画 第6回、『フライング・フォートレス』と『マイティ・エイス/第8空軍』〈18JKI15〉

B-17の登場する映画の第6回目をお送りします。今回はいずれも2000年以降の作品『フライング・フォートレス』と『マイティ・エイス/第8空軍』に関して触れますが、『マイティ・エイス/第8空軍』については2018年10月10日現在、未だに公開(放映)されていない模様です‥‥。

 

『フライング・フォートレスFLYING FORTRESS/2011は、監督がマイク・フィリップス(Mike Phillips)、出演者にはバグ・ホール(Bug Hall)、ドニー・ジェフコート(Donnie Jeffcoat)、ショーン・マッゴーワン(Sean McGowan)、クリス・オーウェン(Chris Owen)などが配された映画ですが、ここに登場する俳優は皆が我国ではほぼ無名に近いキャストです。

物語の内容は、第二次世界大戦中盤の地中海戦域でのB-17爆撃隊の活躍を描きます。補充の副操縦士として赴任してきた新人マイケル・シュミット少尉を主人公に、彼が経験豊富な機長の指導を受けながら、また仲間のベテラン搭乗員達に揉まれつつ一人前のパイロットへと成長していくというものです。

1942年11月以降、駐英のベテラン部隊であった第97爆撃航空群と第301爆撃航空群が選ばれて、北アフリカ戦線に移動して任務を開始しました。

※1943年11月1日、第15空軍が編成され、ジェームズ・H・ドーリットル将軍が司令官に任命されます。この新しい部隊は、第9空軍と第12空軍から重爆撃機を集め、第12空軍からP-38戦闘機を擁する3個戦闘航空群とP47主体の1個戦闘航空群を集めて、それに中型爆撃機から成る5個爆撃航空群が加って編成されていました。

少々、辛辣かもしれませんが、この映画には『頭上の敵機』ほどの重厚さはなく、また『メンフィス・ベル』の様な清涼感・達成感も感じられません。また何と云っても、CG表現故の淡白さが真の主役であるハズのB-17“Flying Fortress”に、題名にある“空の要塞”を感じさせるほどの存在感を与えていません。

また無名のキャストがほとんどで、華やかさがありません。低予算のB級作品の割には出演者たちの演技を含め、一生懸命に作られた真面目な映画だとは伝わりますが、空戦パートも少なく人物描写にもリアリティが乏しくて、物語の展開がありきたりで予定調和に陥り、結局は新味に欠ける印象でした。

更に、航空機の登場するシーンは全てCGによる描写ですが、制作・公開当時としてはごく普通のレベルと云うか、監督がVFX関係の出身の割にはCGのクオリティが低いとも。登場する軍用機もCG画像の為、妙に綺麗過ぎて違和感があります。しかし、近年では(低予算の場合は)動態保存機を確保することは困難だし複数揃えることはなおさら難しいことから、編隊を組んでの実機での撮影はあり得ないでしょう。

結論としては、低予算のB級作品ではありますが、第二次世界大戦の軍用機やB-17のファンであればそれなりに楽しめるレベルかも知れません。敢えて好意的に評価するならば、気楽なスカイアクションとしてであればそれなりに楽しめる映画だし、冒頭の空中戦のシーン等は充分評価出来るレベルだと思います。

ストーリーの概略 1943年の地中海戦域。爆弾を抱えて敵地に赴くアメリカ陸軍航空部隊の爆撃機の編隊。だが激しい対空砲火に加え、ドイツ軍の戦闘機が迎撃に飛来、編隊に突っ込んできます。そして何とかイタリア上空での激戦から北アフリカ沿岸の基地へと帰還したB-17爆撃機でしたが、機体は激しく損傷し副操縦士や数名の搭乗員も戦死してしまいました。しかし、再びこの機は人員を補充しては出撃を繰り返さなくてはならないのです‥‥。

そこに副操縦士として補充されてきたマイケル・シュミット少尉がベテラン機長の指導を得ながら、また仲間の搭乗員達に揉まれつつも成長していくという物語なのですが、当初のマイケルは堅物な性格から他の搭乗員となかなか馴染めませんでした。更に彼のミスで乗機が作戦から脱落する羽目となり、仲間たちからの反感は強まるばかりでした。

ちなみに冒頭の爆激行からの帰投後には、機体の修理を待つ間のちょっとした戦場あるある逸話やパイロットと整備士の諍い事、また軍法会議ネタ等の戦争映画お約束のストーリー展開が繰り広げられます。しかしこの地上でのドラマ部分はあまりにもよくありがちな筋立てで、いささか退屈な感じがします。また脇役たちのキャラが薄く没個性である為に、群像劇としてもいまひとつ成立していない様に思えます。

後部から尾部にかけてをほとんど切断されながらも基地に向けて飛び続けたケネス・R・ブルック中尉の操縦するB-17

やがて徐々に経験を積んでベテランの仲間入りを果たしたシュミット少尉でしたが、物語のラストでは、爆撃任務からの帰投行程におけるトラブルや困難の連続の中で、主人公たちとその乗機のB-17が果たして無事に生還出来るか? という過酷な状況が描かれており、映画のクライマックスに向けた最後の見どころとなっています‥‥。

尚、この映画については現在手元にDVD版が見当たらず、本記事を執筆するに当たっての、内容に関しての詳細のチェックや確認が出来ませんでした。レンタルDVDを鑑賞したのかも知れませんが、本記事は以前の記憶を頼りとしたレビューとなり、一部に勘違いや誤りがあるかも知れませんことを、よろしく、ご了解願います。

 

『マイティ・エイス/第8空軍』(THE MIGHTY EIGHTH/未定)は、スティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)やトム・ハンクス(Tom Hanks)が関わり、HBO社が制作する新たなるテレビ向け戦争ドラマ(10回構成)シリーズですが、同作に関しては2013年にティーザー映像が発表されて以降、公式の情報が皆無の様子です。

ドイツ本国のノイミュンスターを爆撃中の第398爆撃航空群所属のB-17編隊(1945年4月13日撮影)

過去にスピルバーグとトム・ハンクスは、HBO社のもとで欧州戦線におけるアメリカ軍落下傘部隊 第101空挺師団の将兵の苦闘を描いた『バンド・オブ・ブラザース(Band of Brothers)』と、太平洋戦域で激戦を生き抜いた海兵隊(第1海兵師団)の兵士たちを描いた『ザ・パシフィック(The Pacific)』の二つのテレビシリーズを制作していますが、『マイティ・エイス/第8空軍』はその第二次世界大戦シリーズの第3弾に当たるとされ、欧州戦線でのアメリカ陸軍航空部隊を舞台とした作品となっています。

また当初の発表では、同作品の脚本は米海軍特殊部隊“SEALs”の英雄的な活躍を描いた映画『ネイビーシールズ(NavySEALs)』(原題は『Act of Valor(勇気ある行為)』)やスパルタの戦闘をダイナミックに描いた映画『300(スリーハンドレッド) 』の脚本を手掛けたカート・ジョンスタッド(Kurt Johnstad)氏が、また 『スカイライン -征服-(Skyline)』や 『テイク・シェルター(Take Shelter)』を手掛けた視覚効果のVFX製作会社ハイドラックス(Hydraulx)が編集を担当の予定とされていましたが、現状に関しては不明です‥‥。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。