Browse By

【あなたに似た人】芸能界・有名人 似た者同士を考える!! ついでにドッペルゲンガー現象について〈22JKI23〉

TVや映画を観ていて、芸能人の中でこの人とこの人は似ているナ、という事が多くありませんか? ネットを見回してみても、こうした似た者同士を挙げた記事は沢山見掛けますが、従来からこの話題に頻繁に登場している人を含めて、最近、私が改めて似ているな、と思う人々を紹介してみます‥‥。

※肖像権やパブリシティ権などの権利関係を考慮して、この記事には直接対象者の写真等は掲載していませんので、関心のある方はリンク先で確認してくださいネ。

 

1. 近年のこの話題のド定番が、宮崎あおい(さん)=二階堂ふみ(さん)のペア。最初にTVで二階堂さんを観た時は、完全に宮崎さんだと思いました。但し最近では、二階堂さんの方がメイク等で差異を強調している様にも‥‥。

2. つい先日まで、NHKの朝ドラで主人公を演じていた安藤サクラ(さん)と名バイプレーヤーの江口のりこ(さん)も多少の年齢さはありますが、雰囲気や佇まいが似ていますよね。そして二人とも、超のつく演技派です!!

3. 少し前から似ていると噂されていたのが、美山加恋(ちゃん)と星野真理(さん)です。加恋ちゃんは子役時代から星野さんに似ていましたが、成長しても基本的には同一路線の様です。

4. 最近、私が気付いたのが、二人ともアナウンサー経験者の渡辺真理(さん)と竹内早苗(さん)です。クリソツではありませんが、目元のあたりが似ていると感じます。

5. 福原遥(ちゃん)は、森川葵(ちゃん)に似ているとの説もある様ですが、私は葉月里緒奈(さん)にどことなく(年齢や写真によるが)雰囲気が同じタイプの人種ではないかと思います。

6. これは数多く噂されている話ですが、真木よう子(さん)は(若き頃の)広田レオナ(さん)に似ていますよネ。ところで、以前の芸名を「玲央名」と名乗っていた広田さんは、個性派俳優の吹越満さんの元妻(1994年と2012年に二度結婚)でしたが、2016年に離婚して2018年に22歳年下の元俳優の男性と結婚したと発表しています!!

9. バラエティー界のイモトアヤコ(さん)とスポーツ界の高梨沙羅(さん)は、根っこの部分が似ているタイプ、化粧次第でより近い存在になるのでは。

10. 歌手の相田翔子(さん)と女優の笛木優子(さん)も、似ています。特に笑った時の様子がそっくり。

11. きゃりーぱみゅぱみゅ(さん)と最上もが(さん)の二人も、多少、雰囲気が似ています。但しこのケースは、髪型の影響が大きいかも知れませんが‥‥。

12. 男性同市では、お笑い界の重鎮、ウッちゃんこと内村光良(さん)と俳優の宮川一朗太(さん)の顔・形が似ているともっぱら。私も頷けます。当然ですが、喋り口調も似ています。

13. 俳優の遠藤要(さん)とお笑いタレントのエハラマサヒロ(さん)が似ていると聞いて、ネットで確かにそっくりなことを確認しました。正直に言うと、どちらもどういった方なのかはよく知りませんが‥‥。

14. これは通説となっていますが、福士蒼汰(さん)と中川大志(さん)は間違いなく類似タイプで、これはイケメン枠と呼ばれるものです。個人的には、それほどは類似点を感じませんが‥‥。

15. 同じくカッコイイ人達が、佐藤健(さん)からの三浦翔平(さん)を経由しての、DAIGO(さん)という流れでしょう。流れる方向はどちらからでもOKですが、DAIGO間違いには注意。メンタリストではなく、もちろんお笑い芸人でもありません!!

16. (申し訳けありませんが)異形のパターンでは、片桐はいり(さん)とザブングルの加藤歩(さん)が男女の差を超えての、似た者同士。実は、私の知人にも加藤さんに近似の人が居たりして‥‥。

17. 同様の男女組では、既にネタとして確立しているザキヤマこと山崎弘也(さん)とフォーリンラブのバービー(さん)が有名。兄妹説で多くのTV番組やCMにも出演。

18. 美形男女では、山本美月(さん)と八乙女光(くん)がかなり似ていると聞きます。写真によっては、たしかに似ている感じですが‥‥。

19. 再びお笑い界から、ノンスタの石田明(さん)とたんぽぽの川村エミコ(さん)が、男女の壁を越えた似た者同士。ちなみに、地味で存在感の薄かった(いつも白い服装ばかりの)石田さんは、相方の不祥事を機に男をあげました。

20. 最後は私の独断と偏見で、ナントと嵐の櫻井翔(さん)と音楽プロデューサーの本間昭光さん)、そして池上彰(さん)というパターンをご紹介。櫻井さんがもう少し歳を取ると本間さんに近づき、更に年配になると池上さん的なオジサンになるのかも知れません(笑)。基本的な類型が同質な三人に思えますが、如何でしょうか?

 

本当に外見がそっくりな人同士もいますが、何となく雰囲気が似ているとか、言動が近いとか、その喋り方や声音・声質が似ているといった人もいますよネ。でも声が似ているのは、声帯の構造や骨格が近いからだと思うので、その容姿も近いと考えられるのです。

ところで最後にちょっと怖い話に触れると、ドッペルゲンガー(Doppelgänger)現象と呼ばれる「自己像幻視」と訳される自分自身の姿を自分で見る幻覚状態の一種がありますが、自分とそっくりの姿をした分身と出会うことは、その人物の死や災難の前兆である、という恐ろしい話を聞いたことがあります。

この記事で取り上げた“似た者同士”は、あくまで第三者が目撃可能なちょっとだけドッペルゲンガー・ライクな現象!?であり、決して怖い話と直結するものではありませんが、似ている当事者の心境はいかがなものでありましょうか? 似ていると云われて嬉しい場合と、甚だ迷惑なケースがあるんだろうな、とは思いますが(笑)‥‥。

さて、他にも多くのそっくりさんが存在している様ですが、キリが無いので今回は20組までの紹介とさせて頂きました。また機会があれば、追加の記事掲載を検討させてもらいます‥‥。

-終-

【参考にならない参考】ドッペルゲンガー現象に関して、「この世には自分にそっくりな人物が、自分を含めて3人は存在しており、そのうち2人が出会うとたちどころに死亡してしまうとされます」とのオカルト・チックな説が流布しています‥‥。でも大丈夫、確率論的に計算すると、出会いの統計的な確率から逆算して、ドッペルゲンガー現象による死因が本当だとすると、各種の“がん”や諸々の“心疾患”に次いでこの原因での年間死亡数が多い(例えば、国内で15万件/年とか)ことになるそうです。現実には、そんな事は起きていませんから、ドッペルゲンガー現象による死亡ということは発生していないのです‥‥、たぶん!?

【もっと参考にならない話】『あなたに似た人』は、ロアルト・ダールの(ちょいとブラックな味わいの捻りの効いたミステリ)短編小説集です。まったく本稿には関係がありませんが、私の大好きな作品です!!

 

《スポンサードリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。