Browse By

【ネコ好きの談話室】コロナ感染症、ネコちゃんもご注意! 〈JKI37〉

既に多くの報道がなされていますが、ネコちゃんたちやそのお仲間も新型コロナウイルスに感染する(陽性反応を示す)ことが判明しています。 

海外では、人に飼われているペットのネコが人間から新型コロナウイルスに感染したことや一部に呼吸器もしくは消化器に症状が出る場合がある(大部分が無症状)ことも紹介されていますが、米国ニューヨーク市では動物園の(マレー)トラが飼育員から感染した事例も報告されています。

また、中国の研究チームは、動物の中でもネコは新型コロナウイルスの感染リスクが高いという研究結果を、英国の科学雑誌「サイエンス」に発表しています。この研究によると実験の結果、ネコ科の動物が、人間のくしゃみや咳による飛沫から新型コロナウイルスに感染する可能性があることに加え、ネコ科の動物からネコ科の動物に移る可能性もあることを示しているとしています。

但し現在の処、米疾病対策センター(CDC)や英獣医師協会(BVA)、並びに香港城市大学の研究チームによると、「動物から人に感染する証拠はない」との見方を示しています。一方で、この新型コロナウイルスに関しては未だに不明点が多いとして、ペットを不特定の人間や動物と接触させることは可能な限り避けるよう推奨しています。

また感染者や感染の疑いがある人はペットを家の外に出さないことは当然ですが、感染者が触れた動物にはその毛皮に新型コロナウイルスが付着していて、新型コロナウイルスを媒介する可能性があり、我国の厚労省も他者のペットも含めて過度な接触を控えるとともに、接触後は手洗いなどをよく行い、特に当該のペットの体調が良くない場合は絶対に接触を避けるよう呼び掛けています。

新型コロナウイルスの流行を抑える取り組みの一環として、飼い猫等のペットを屋外に出さない様、世界中の獣医学者が呼びかけているのです。また、人間から野生の霊長類にこの新型コロナウイルスが広がる可能性も実証されており、自然/環境保護の専門家は、ゴリラなどの絶滅危惧種の保護が必要だと、緊急に警告を発しています!

〈終〉

※《重要》中国ハルビン獣医研究所の論文の結論は、「猫やフェレットは感染し易く、犬、豚、鶏、鴨などは感染し難い」とのことです。また張強博士他の華中農業大学微生物学国家重点実験室や武漢ウイルスセンターの研究者によると、「武漢における新型コロナウイルス肺炎発生後の猫を102匹選んで検査した結果、約15%(正確には14.78%)が陽性を示した(新型コロナウイルスに感染していた)。コロナ肺炎発生前の猫では陽性反応はない(感染していない)」ということです。

 

《スポンサードリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。