Browse By

『アメリカス・カップ』(1)・・・世界最高峰のヨットレース競技 〈19JKI00〉

ヨット1ダウンロードアメリカス・カップはヨット競技の最高峰と称される。160年以上にもわたる長い歴史やそのスケールの大きさとパフォーマンスの高さにはビックリだ。特に航空力学や流体力学などの最先端科学を駆使して設計される競技艇の建造と運用には、莫大な費用と人手が必要とされる。この様なハイレベルが要求される競技は、ヨット界はおろか全スポーツ界の中でも、(一部のモータースポーツを除き)他の追随を許さない。

 

アメリカス・カップ America’s Cup は、1851年から続く国際的なヨット競技だ。その始まりは全英オープン・ゴルフよりも9年、近代オリンピックより45年、さらにサッカーのワールド・カップよりも79年も古い、というから驚きだ。

また、その名の由来は、最初の優勝艇である『アメリカ号』の名を冠した優勝カップにある。その後、132年間の永きにわたってアメリカ合衆国のヨット・クラブがカップを防衛してきた為、本来、『アメリカ合衆国のカップ』という意味ではないのだが、誤ってそう理解している人も多いくらいだ。

最初のアメリカス・カップは、1851年に英国のロンドンで開催された第一回万国博覧会の記念行事として、ロイヤル・ヨット・スコードロン(Royal Yacht Squadron)が主催したワイト島一周レースである。このレースに米国からただ1艇参加した『アメリカ号』が優勝して、ビクトリア女王から下賜された銀製の水差し状のカップを自国に持ち帰り、このカップをニューヨーク・ヨットクラブ(New York Yacht Club;NYYC)へ寄贈した。

以降、カップに付属した贈与証書(Deed of Gift)に記載された、「カップの保持者は、いかなる国の挑戦も受けねばならない」という規定に基づき、紅茶王のサー・トーマス・リプトンなどの多くの挑戦者が米国勢に挑戦したが、ことごとく敗れ去った。米国の防衛艇は、1983年に初めて敗れるまでの132年間にわたってカップの防衛に成功し、この連勝記録は(防衛側有利とはいえ)世界のスポーツ史に残る偉業であるとされる。

 

アメリカス・カップは不定期に開催され、自主的な挑戦戦であり防衛戦である。最近では、ほぼ3~4年おきに実施されている。

カップを保有している防衛側のヨット・クラブと挑戦する側のクラブとが協議して、競技の詳しい規定(レギュレーション)に合意した上で、レースの開催の詳細が決定される。具体的には1対1のマッチ・レース(対抗戦、一騎打)形式で戦われ、数多くのチームが参加する競技会ではない。他のスポーツでいうと、ボクシングのタイトル・マッチに近似しているといえよう。

このマッチの勝利者がカップを獲得・保持できるが、挑戦側クラブと防衛側クラブとの間で争われる私的な戦いで、レースを主催するのは防衛側クラブである。

現代では、挑戦側及び防衛側カップ保持者は、単一のヨット・クラブのみならず色々な組織や企業が集合したシンジケートと呼ばれる運営団体を編成し、必要な資金の調達から競技艇の開発や建造、乗組員の育成まで、あらゆる運用業務を実行していく。

また、防衛側のシンジケートが組織するレース主催団体(アメリカス・カップ・コミッティ)がレースを管理し開催する。競技の運営には国際的・公的な機構は介在しないが、基本的なルールは国際ヨットレース連盟(IYRU)の規則に準拠しているようだ。

挑戦側が複数の場合は、防衛側シンジケートから委嘱を受けた挑戦側シンジケートが自主的に開催する挑戦艇の予選・選考レースが実施される。このレースは、1983年の第25回以降はスポンサー企業の名を冠して「ルイ・ヴィトン・カップ」と呼ばれている。同レースを勝ち抜いた一つのシンジケートのみが、防衛側シンジケートに挑む権利を獲得するのだ。また、防衛側も防衛艇を選抜する為の選考レースを開催する。

 

ヨット3ダウンロード競技艇の規格に関しては、アメリカス・カップの基本ルールを定めた贈与証書により、レースで使用されるヨットは、1本マストの場合、水線長が44フィート以上90フィート以下、マストが2本以上の場合、水線長が80フィート以上115フィート以下、とだけ規定されている。その為、この範囲内であれば防衛側と挑戦側の合意があればどのような規格の艇を用いても問題はない。

更に双方の了解があれば、防衛艇と挑戦艇の船型が異なることも認められている。第33回のレースでは、防衛艇のソシエテ側は双胴船(カタマラン)、挑戦艇のBMWオラクル側は三胴船(トリマラン)を採用した競技が実施された。

しかし、実際には防衛側の意見が強く反映され、また一定のルールが定められたケースが多い。米国が連勝を続けていた時代の12m級の規格や、1992年以降はアメリカス・カップ・クラス International America’s Cup Class といわれた同一規格艇で争われた。全長は80ft(約24m)、そして130ft弱(35mくらい)という巨大なマストを持つのだが、決められた規格の中で自由に各参加チームが設計・建造可能なものであった。

また、競技艇は当該シンジゲートの所属する国で建造しなければならないため、結果的に参加各国の造船工学や材料工学、航空力学、流体力学そして海洋気象学などの最先端科学技術が存分に投入され、驚くほどの多額のコストをかけての、参加国の威信を賭けた国家間の対抗競技としての面も持っているのだ。更に、これらの競技艇にはオリンピックメダリストらの一流トップセーラーが多数乗り組む為に、その操船技量は超一流であり、世界中のヨットレース全般、特にインショア(沿海)レースの最高峰として位置づけられている。

つまり言い方を変えれば、あらゆるスポーツの中で、最も高度な総合力が必要とされる競技がアメリカス・カップAmerica’s Cup なのである。

-終-

 

《スポンサードリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。