Browse By

【小研究】 騎馬戦闘の実態 〈25JKI00〉

騎馬1pictures-from-the-ieyasu-festi_219462

今回の【小研究】は、馬上で戦う武士たちの本当の姿を調べてみた。TVや映画でよく描かれる様子とは、いささか異なる姿で彼らは戦っていたのだ・・・。

その馬術と使用する武器の関連性や、具体的な戦術を簡単に紹介する。

 

騎馬戦闘の当初は弓射戦が中心であった。騎乗した武士が弓を中心に戦いに臨んだことは、前九年・後三年の役から平安時代には確立していたようだ。

その後、名だたる武士にとっては、南北朝時代後期までのおよそ400年間くらいは馬上での弓優先の戦いが続いたと考えられている・・・。この頃、当然ながら武士が徒歩で戦うこともあるにはあったが、決して戦闘の主役ではなく、徒歩戦は具体的な戦闘描写すら伝わっていない。

 

弓術の戦法

基本的には弓射がメインの戦いであるが、矢を射つくしたら互いに馬上での組み討ち、そして下馬か落馬後には太刀(たち)を使った。もちろん、騎馬武者は常に馬上で弓射を行っているのではなく、馬を下りて、楯に隠れて弓を射ることもある。また、騎馬武者の弓射は、馳組戦、つまり馬を馳せながらの弓射戦と、馬を止めての馬静止射がある。後者は平家物語での那須の与一のシーンが有名である。

一騎討ちの例は実際は多くはないのだが、基本的には騎馬武者による弓射戦が戦闘の基本形態であり、個人戦が主体である。それが変化してくるのは、鎌倉時代も終わった南北朝時代の『太平記』の頃からである。

当時、馬上から自由自在に弓を射る技術は高い評価を得ていた。武士に必要な必須の技術は弓術であり、まだ太刀は弓の補助武器だったのだ。

弓は、竹・木など複数の部材を合わせることで威力を増した合わせ弓であり、籐で巻き込めた重藤の弓を使用していた。矢は、箙(えびら)に差した征矢(そや)を24~25本ほど携帯していた。

武士たちは疾走している馬上で矢を番(つが)えるのに、平均4秒くらいを要していた。そしてこの4秒で50m近くは移動できた。また、有効射程は馬上で疾走中の馳せ弓の場合は30mくらいであった様だが、静止して曲射すると200m程は飛んだともいう。

日本独特な和鐙は、馬からぶら下がった皿の様なもので、載せた足の方向は結構自由に動かせた。これで馬上の体は比較的楽に捻ることが可能だった様だ。つまり、意外と前後左右、広い角度で弓を射れたし広い射界が得られた。また、鞍から体を浮かせて鐙の上に立つことで、馳せ弓の場合でも安定して弓が射れたのである。

弓術の場合、攻撃可能範囲は正面右45度から左側を廻り後方真後ろまでである。しかし有効な攻撃を実行するには、常に敵を自身の乗馬の左側に置く必要があり、射損ねると素早く右に輪乗り(回転)して再び敵を左側にとらえて再び攻撃することになる。右輪乗りが多いため弓術では、右手前が原則である。但し、完全な一騎打ちの場合は、互いに左廻りで死角(馬手=右側斜め後ろ)を取られないように機動することも多い。この場合は左手前である。

最も多い戦闘パターンは弓手筋違(物追射)で、左斜め前に敵をとらえ、馬を直進させながら正面から左45度くらいに向け矢を射る形。弓手横といわれるのが、左側の近距離の敵をすれ違いざまに射つパターンで流鏑馬でも用いられる。後方を狙う射撃方法には、西洋のパルティアンショットのような体を後ろ向けに捻った押捻がある。最も難易度が高いのは、小笠懸という右側死角ぎりぎりの、馬首の右側方を狙う方法である。

 

刀術の戦法

古来は、弓こそが武士の本分であり、まずは堂々と弓合戦を行った。そして矢を射つくしたら、そこからが太刀打ち(打物)の勝負となった。後世の打刀(うちがたな)と違い、太刀が長く反りが大きいのは、馬上から片手で斬り付けることが前提だからだ。

刀術においては、右片手斬りが基本であり、そこで敵を馬の右側に迎えるようにする。攻撃を反復する場合、コンパクトに乗馬を左に巻乗りして転回する。騎乗の武士同士の一騎打ちは、弓戦とは逆に互いに右廻りで戦うことになる。この場合は右手前である。

この頃の太刀を使用した戦いは、基本的には騎馬同士で斬り合うことが前提であり、騎馬上から徒歩の敵に対し太刀を斬り下ろした場合は、首から上を攻撃するのがやっとであったと思われる。

その後、槍が多用される時代までの武士の武器の中心は薙刀、長巻などの打物となる。反対に騎馬弓は廃れ、徒歩の弓兵がメインとなっていく。足軽などの歩兵が多数戦場に投入されはじめて、白兵戦が常態化していくとともに、騎馬の武士は戦場に馬で乗りいれて打物を手に暴れた方が強力な戦力となることが理解された。更に徒歩足軽の弓兵化で、弓術そのもののステータスが低下したことも影響しているのだろう。

やがて、馬上から徒歩武者に斬り付けるには長大な刀が必要である為、薙刀、長巻などの打物全盛の時代が訪れる。

そこで、南北朝時代から室町時代後期にかけて騎馬で多用された武器が薙刀だ。または太刀を長大にした長巻、野太刀といわれる打物などである。

薙刀は馬上で振り回すことが充分可能で、左右の手を持ち替えながら自在に振り回せる。また、薙刀は非力でも遠心力を使用して大きな斬撃力が得られるので、後に女子の武器となる。もともとは刃長が60cmを超える大型なものが主流で、馬上からの斬撃が有効・強力であり、下馬しての戦闘でも活躍し、これは長巻・野太刀も同様だった。

次のページへ》 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。